風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ダーキン) »ダーキン体験記第壱回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダーキン体験記第壱回  

ダークキングダム体験記第壱回です。


2014年カオスシードだけで終わってしまった体験記ですが、今年こそは少しでも多く体験記を残そうと躍起になり
5月からですがようやく開始となりました!今回選んだ作品は「ダークキングダム」
前々からシナリオ関連で聞いたことがありましたがパッケージがゲームのタイトル画面などとかなりかけ離れていたため
なかなか見つかりませんでした(笑)しかも今回は先に白状しておきます。

エンディング、見てしまいました。

のっけからこの大暴露ですみません。しかしどうしてこうなってしまったのか、そこまでは知らないためあの結末を迎えるまでの
主人公らの旅路を見届けたいと思います。もちろん例によって説明書は無い!ので、どこまで頑張れるか…


94年産、既に20年の時を経た中古ソフトですが3つのセーブデータは全部生存。丈夫だなお前ら!(笑)早速ニューゲーム。
どこかの建物に人が何人か…って人じゃなくてモンスターみたいなのがいるな。主人公はパッと見人間の「ジェン」
人間のように見えますが魔族で、魔王軍に入ったようでをくぐって配属先を決めているようでした。
一瞬飛行機の金属探知のアレを思い出しつつも眺めていると、くぐった時に門の色(オーラらしい)が変わり
=正規兵、=傭兵、=闘士という分け方。正規兵が最もランクが高く闘士が低いようで、ジェンが門をくぐると赤く光って
めでたく正規兵に配属されました。ところどころでジェンのモノローグが入りますがすごくドライな男のようです。
主人公ジェン=ドールマンセブ族の生き残りで、一か月前に魔法実験で滅びてしまったとか…そんな魔法を使えるのは
この魔王軍にいる奴に違いない、と考え魔王軍でのし上がり仇を捜そうという魂胆でした。
見た感じ人間っぽいんですがどこかモンスターっぽい部分でもあるんでしょうかね…?するとジェンを見てにやにやする怪しい男。
顔グラもあるし重要キャラかな。進人族の分際でよく正規兵になれたな?と疑っているというより完全にナメられておる…
しかしジェンは華麗にスルーし、その面で笑うな気持ち悪いとバッサリ。ギルという男はそれにカチンときたようで、
少しずつヒートアップしてきたところで顔グラがのように変化。へえ、これがこいつの本当の姿なのかな…?
いきなり戦闘になるかと思いきやお偉いさんの登場でクールダウン。デグという男により仲裁されました。
ギル=ガバメントとお互いに名乗ったけど、こいつは仲間になるのかライバルになるのかかませになるのか…楽しみだ(笑)

そんな一幕を経て広場でニッド閣下による説明会…が始まるかと思いきやギルがさっさとしろと悪態をついたため退場。
なんだろう初回からこのドロドロ感ダークファンタジーって感じがする!(笑)全然明るい感じ無いわ!!
このゲームの舞台、イルラント人間が支配する(魔族からすればこういう見方になるのか、新鮮)土地。
魔王軍のリーダーである魔王フリード=フューラーは暗黒の力でこの土地を支配しようと考えているようで、
実際このお城、ゼノも人間が住んでいた城なのですが陥落させたとか。こんな感じでどんどん支配していくからな!
キリキリ働けよお前ら!!的なことを言われて解散。あ、左側の塔が正規兵たちの寝床になるらしい。
ここでようやく動かせるようになったので操作確認。でメニュー画面か。ステータスを見たりしますがここで見慣れない文字が。
編成ってあるんですけどどういうことなんだ…?パーティを複数組む必要があるのかな。
更に日付の表示として「あと0日」という表示方法が。タ、タイムリミットがあるの…!?時間制限イベントは苦手なんだけど…
中央広場にはお店や情報屋(後にメニュー画面からも見られることを知る)などがあり、とりあえず自分用の装備を整えておきました。
セーブポイントは邪神に祈ることでできます。とりあえずセーブは今回もこまめにしていこうかと。
あと気になったのは闘技場という言葉。闘技場で戦ったり宿で寝ると一日が経過するってさっきの時間制限と関係があるのかな。


左の塔へ入り自分の入る部屋を決めるようですが6人ぐらいで一部屋っぽい。話しかけてもいっぱいだよと言われ、最終的に
最上階にいた男に話しかけてみるとこれまた顔グラ付きのダイナ=ミッドという人物。すごくいい人そう(笑)
この男と同じ部屋になるけど、と言われ構わんと相部屋に。最初の仲間になりそうだなぁ、こういうキャラ。
と、そこへジェンを呼ぶ声。ギルとのいざこざの所に現れたデグ閣下が呼んでいるとのことで中央広場に向かうことに。
ダイナはついてきてくれるのかと思いきや頑張れよ、で終わり。なんだ、まだ仲間になってくれないのか…

デグ閣下と話をすると早速任務を言い渡されました。アプラナの首都アプラサスにいるというブラン=ホーネットという人物に
早く城を落とせと伝達する内容でした。それだけの任務だけど外に行けるのかー!しかし二十日以内という制限が。
メニュー画面にあったあと○日の表示はこれに関わるのか。ここから外に出るにはパスポートが要ること、更に傭兵を雇って
闘技場で鍛えてから行くといいとアドバイスをもらったのでその通りにすることに。
パスポート屋でアプラナに行けることを確認し、更に傭兵を雇ってみることに。ちょうど3人いたので雇いますがお金は不要
「ファイ」「ウィザ」「プリス」の3名。顔グラが無いからどんな奴らなのか全然想像が………ん?
ファイター・ウィザード・プリトってことなのかな。それじゃDQ風の奴らで勝手に脳内イメージしておくか。
どんな魔族なのかもわからないしジェンの後ろをついて歩くわけでもない、淡白な奴らだ…まるでミスティックアークのようだ(笑)
で、こいつらを連れて闘技場でLV上げをすることになるのですがここもまた独特のシステム。
相手をするモンスターが何体かいてそいつらを選び、更に何回戦うかというところまで決められちゃいます。
いきなり最大の4体はキツそうだよなぁ、と弱そうなのを2体選び、そして戦闘回数は3回と控えめに設定していざバトル。
攻撃にあたる「SWM」を選んでいくと画面に振り子が現れ、これを真ん中めがけて押せばいいのかな?とやってみますがこれが意外と難しい。
というかそもそも真ん中狙いで良かったのかなこれ!(笑)でも戦闘を繰り返す内にやっぱり真ん中とそれ以外ではダメージ幅があり
真ん中に近いほどダメージ量が多いのでとにかく真ん中を狙う必要がありそうです。
3回戦ったところで終了、お金をもらって一日が終わりました。LVが上がると全快するシステムはありがたいな。
ということで、推奨レベルもわからないし20日間と結構長いから少し位LV上げに勤しんでも怒られないよね!!!
戦闘に慣らす意味も含めて敵を増やしてみたり戦闘回数も増やしてみたりとあれこれ楽しんでいたらLVは13

すまん遊びすぎた

APという特技っぽいものもあるんですが残念なことにどういう内容なのかがわからないのでさすがにこれは調べないと…
とりあえずインフリクトの追加効果があることだけは把握した。


パスポートもあるのでいざ外へ!外でもあと○日の表示があって怖い!!(笑)しかも時間の経過があるのか少しずつ暗くなっているような…
すぐ南に町が見えましたがこのイルモの街は魔王軍が落とした城のすぐ近くとあってか逃げ惑ったりもせずあっさり受け入れてくれました。
ただ食い物をくれと言った人間に対し貴様にやるものはないとズバッと斬るジェンさんマジ魔族
武器防具も売って(タダでくれるのだろうか)いますが城で十分揃えたので不要。特にイベントも無いので出ることに。
目標のアプラサスは南東にあることは情報収集済なので、いざ南東へ。すると森を抜けようとしたところで声をかけられました。
魔族の中には魔王軍にちょっかいを出す奴らがいると聞いていたけどそういうことみたいです。

あ、20連戦でお世話になったファイターさんじゃないですかとりあえず死ね

※ダークファンタジーなので書いてる側もダークサイドに堕ちたような素振りを見せています
あっさり倒して突破、町が見えたと思いきやアプラサスではなくティホスの街。ここもあちこち調べてみますが特に得られるものは
無かったのでそのまま抜けて歩いて行くとようやくアプラサスを発見。しかしだったせいか人間は寝てるしお目当てのブランさんも
休んでいるとのことで渋々外へ。するとまだ町があったので入ってみるとメタルファ炭鉱夫が住む町のようで、24時間働く彼らは
夜でも元気に活動していました。が、特に収穫無し…っ!なんなんだこの辺の街は!滅ぼせるのか!!

外に出ればダンジョンらしきものを発見したので入ってみればなんと鉱山。これは…探索してみるか。
宝箱があったので調べるとアイテムを入手しましたがこのゲーム宝箱を開けたグラフィック用意していないのかよ!!!
開けたのに閉じたままってすごく違和感があるよ!!ってRPGツクール脳はそう思います(笑)
エンカウントで出てくるのはドワーフやクマ、狼…うん、後者2種については動物を駆逐していることになるな。
結局見つけたのは鉄仮面だけ。ボスがいるわけでもなかったのでさっさと帰りました。

メタルファで朝にしてようやくアプラサスへ。ブラン殿に伝達を、と話をすれば通してくれました。
ブランもまた人間のような男で(魔法で人間の姿に化けている魔族もいるらしいから本性は不明だけど)、デグ閣下から伝言を伝えると
了解してくれました。ただ部下によるとブランは優しいというか甘いらしく、ブランも無理やり城を落とそうとすればこちらにも死者
出てしまうことを恐れているようでした。とにかくジェンとしては伝言はしたので任務完了
しかし帰る途中にティホスにいる部下に戻ってくるように伝えてほしいとお遣いが増えました。ティホスならさっき通ったし大丈夫だな。
そう思っていたのにいざティホスに行けばそれらしい人物が見当たらずウロウロすることに(笑)ある塔に入るとジェンが住人に
聞いてみるか
、とヒントを出してくれるのですが誰が教えてくれるのかがわからない!ということで夜だったのをにして再度あちこちに
話をしてみると黒いローブを着た人と中に入っていくのを見たという目撃情報をもらえました。
入って行った建物とは倉庫のような家。そこに空っぽの宝箱があるのはわかっていたのですが何度調べても何も起こらず、このフラグ
ようやく宝箱をズラして隠し階段を発見しました。階段が隠れるぐらいってどんだけデカいんだろう…ゼルダの伝説並かな(笑)


地下道はコウモリなどがいますがLV14(上がった)の彼らにとってはザコ同然、あっさり蹴散らしながら進んでいくと骨の兵士と
黒いローブの男を発見しました。男は兵士に指揮を混乱させるように、と怪しい指示を出していました。おお?内部抗争か…?
このまま隠れているのかと思いきや堂々と姿を見せるジェン。すると男は兵士を魔法で一撃必殺してしまいました。
それを見ても顔色一つ変えないジェンはやっぱり淡白。男はジェンの味方ではないことを告げ、
更にジェンの相手として人間の子供を召喚しました。死ぬまで戦うように魔法をかけてあるって…酷いな。
子どもでも手加減はしないと言いますが殺したくなさそうだな…ちょっといい奴なのかもしれない、ジェン。
男が去った後も逃げることはできると戦いを回避しようとしますが子どもは自分は元には戻れない、と告げてきました。
死ぬまで戦うように…ってやつだな。そのためジェンは覚悟を決めて少年を斬りました……が、アンデッド化の魔法まで
かけられておりモンスターになって復活したG・アンデッドとバトル。あ、ボス戦曲だ…これが初ボス戦なのか。

酔った巨大キノコが初ボス戦だったマグナブラバンとは対極的だな。

魔法をジェンにセットしていたので防御力を上げる魔法でチマチマと守りを鍛えながら傭兵たちにはボコスカと殴ってもらい数ターンで撃破。
LVはちょっと高めになっているかもしれないけれど、これぐらいが一番安心して戦える気がする(笑)
消えゆくアンデッドに少年が微笑んでいるように感じたというジェン。
また、ブランもデグ閣下の命を受けてアプラサスを落としたらしい。やっぱり被害もそれなりに受けてるのかな…
黒いローブの男についても報告しましたが正体は不明のまま。後でもまだまだ関わりそうだなぁ。


そんな初任務を終えて戻ったところでダイナに報告しようと声をかけると自分を配下にしてほしいと言われました。おお、ルームメイトよいいぞ!

(特に野心があるようには見えないな…こういう奴の方がいざ捨てるときにはいいかもしれない…)

あ、こいつ途中で死ぬかもしれない。

ギルといいダイナといいお前らロクな死に方しそうにないよな!魔族だからかな!
こうしてダイナが加わりましたがLV5。おい、こっちLV14なんだけど…でもせっかくの顔グラキャラだし使ってみるか。
編成で一人を外して別のグループに入れ、ダイナを入れてみましたがこのグループ分けもどこかで活用できるのかな。
結構独特のシステムが多くて全部を理解するまでもう少し時間がかかりそうです。


復讐のために魔王軍に入った魔族の男、ジェン

闇の王国の物語はどこまでも深い暗闇を突き抜ける。

次回を待て!!

category: 体験記(ダーキン)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。