風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ダーキン) »ダーキン体験記第四回

ダーキン体験記第四回  

ダークキングダム体験記第四回です。


OPでをくぐってランク分けをされたあのイベント。あれで門が赤く光った場合闘士になるんですが、あの闘士って
よくよく考えれば闘技場で戦っている奴らだったなと気が付きました。あれってやっぱり戦闘後は死んでるのだろうか…
毎回20連戦してLV上げをしているのでボコられるのがお仕事なのかもしれないけれど、闘士の方々のおかげで
今のジェンたちが安定した戦いをすることができているので感謝しないとな!(笑)
シナリオ攻略より闘技場にいる時間の方が長い気がするダークキングダム、第四回です。


寝床にしている左の塔の1Fは酒場なんですが、そこで隣り合わせで座っているジェンとギル。なんだかんだで仲良くなったのかな。
そこへ誰かが声をかけてきました。額にを生やした金髪の男性はジェンを知っているようでした。ぼちぼち名前が知られてきたのかな。
男はレイン=アスピードと名乗りお近づきになりたい、とあいさつに来ただけのようでした。ギル曰く彼は飛族のエリートだとか…。
魔族のランクがどういう順かわからないけど、飛族って割かし始めの方に出てこなかったかな。情報屋の魔族情報によると。
で、飛族は争いを好まない種族。でも自分の力に自信があるエリートだから力を存分に発揮できる魔王軍にやってきたってことだろうか。
早速四人目の仲間なのかになるのか気になりますがそんなところへダイナがやってきました。おうお前どこに行ってたんだよ。
デグ閣下がお呼びなそうなので中央広場に向かうことに。また新しい任務かな!
デグ「おお、ジェン。よくz」
(真横を通り過ぎるジェン達)
ジェン「闘技場に行くぞ」
ダイナ「ギルのLV上げをしないとな」
ギル「闘士共が相手か…どんな奴であろうとブッ殺してやるぜ」
ジェン「あ、20連戦だからしんどいぞ」
ギル「えっ
ダイナ「あはは(慣れた)」
プリス(空気でいるのにも慣れた)
デグ「」
悪いな!任務を受けるとカウントダウンが始まるからできるだけ任務を受ける前に闘技場に行きたいんだ!!
闘技場で戦うと1日消耗するくせに任務を受けない時に闘技場に行けちゃうのがいけない(笑)
で、今回も闘技場でLV上げギルのステータスはHPが高めなのが目立ちます。LV差があるにも関わらずダイナに追いついてる…!
というかダイナのステータスの特徴がよくわからない(笑)ジェンはJRPGにありがちなバランスタイプだろうけれど…
MPギルの方がいつの間にか増えたし、かといってダイナがぶっちぎりなパワータイプかと思えばそうでもないし、なんなんだお前!
そして唯一の傭兵生き残りのプリスが一番HPが多くてやたら強い…や、でもダイナは外せない。気に入ったもんで(笑)

お待たせしましたデグ様(LV28)という感じで顔を出しに行くと今回の任務を言い渡されました。
アプラナ南にあるパレオ国。北の街サラエと南の首都コーランで内部抗争が起こっているらしく、ジェンたちはサラエ側の主導者ジニム
暗殺することに。暗殺…魔王軍っぽいな!でもこっちには頭が弱そうなのが2名ほどいるので暗殺できるのか不安です(笑)
ジニムがいなくなる→コーランが国軍テンプルリッターをサラエに送り込む→戦力が分散されたところを一網打尽という作戦だそうで
前回のルカの谷のように利用されたりしないよな…しないよね?デグ閣下……

新しい国に入れるようにするためパスポート屋に向かうとダイナが女性が近づいてくることを教えてくれました。
ジェンを捜していたこの女性、ジェンとも知り合いでジュディーと呼びました。

「ジェェェェェン、誰よ、この女は!?」

口調と相まってダイナがちょっとオネェ系に見えてしまった(笑)ジュディー=シルスというそうで、なんとジェンの婚約者
結婚、何の話だ?と状況がつかめていないギルがアホの子みたいでなんか面白い。そりゃプレイヤーもいきなりでわからんわ。
任務に向かうところだから、と話をすることすら拒むも今度は逃げないでよと言いジュディーは立ち去りました。こ、こええぇ…
でもここまで追いかけてくるってことは、それぐらいジェンを好きだってことなのかな。一途な人だ…きっと魔族だろうけど。


今回の任務期間は20日。でもきっと日数があまりまくるだろうからここはひとつ、ひたすらフィールドを歩き回ってみたい!
普段のRPGならフィールドを歩けばモンスターが現れますがこちとら魔王軍昼間はまず敵と会いません。会うなら
なのでウロウロと歩き回っているとアプラナの湖っぽい近くでクラーケンに襲われるというハプニングが(笑)1ターンキルでしたけどね…
ちょっと強化されてるのかと思って身構えたけど全然そんなことはなかったです。結局何も見つけられないままパレオ国に突入。

サラエの街に着いたので情報収集をしようと話しかけていくとコーランに入れる通行証を受け取りました。といっても奪い取ったのではなく
ジェンがコーランにいる知人に会いたいけどあっち危険らしいから…と当たり障りのない言葉で助けてもらってました(笑)
進人族の特徴なのかジェン個人の性格かはわからないけれど、あまり無駄な争いはしたくないのかな。少年の件もあるから後者だろうか。
また、ジニムの家に入るもジニムは不在。代わりに母親がいたんですがお婆ちゃんなのでちょっと話が通じない様子。
このババア、ボケてやがると口汚く文句を垂れるギルにはちゃんと怒る辺りまた妙にリアルな気がする…
でも怒られて聞こえてんじゃねーか!と突っ込むギルはやっぱりアホの子でいい(笑)ジニムはコーランに向かったらしいので次はそちらへ。

途中で船に乗せて洞窟に連れて行ってくれるという人(※グラフィック無、唐突に台詞のみ)がいたんですが、後回しにも
できるそうなのでとりあえず今回は先に進んでみることに。しかし本当にいきなりだからサブイベントを見つけるのは苦労しそう…
コーランに到着しましたがいきなり城下町とスラムみたいに分かれてる外観でを感じるわ…
通行証のおかげであっさり中に入れたのでこちらでも色々話を聞いてみますが宗教ばかり気にする政治を不安に思っていたり
オカマみたいな呪術師がいたり…ってなんか酷い言い方だなそれ!(笑)ちなみに神様は空の上から見守っている一神教らしい。

お城の隣にあるパウルの塔にジニムが捕まってる(何しに行ったんだよこの人)そうなので、トドメを差しにいざ突撃。
塔内で出てくる敵はテンプルナイツ。脅威と言われているテンプルリッターの兵士…なのだろうか。弱いけど。
しかし宝箱があちこちにあるのでありがたく回収。するとかぜの○○シリーズが揃いました。なんとなくジェンに揃えさせたけど
特にボーナスがあるわけでもないのか。それにしてもジェンはローブを装備できるのにダイナとギルは装備できないのか…
この辺後者2人が戦士タイプという区分けがされているのかな。とりあえずまだローブあるんだけど誰か着てくれよ。
ザコをいなしながら最上階に着くといました、ジニム。とっ捕まっていたのですがは持っていないし宝箱にも無かったし
どうするのかと思いきや力ずくで破壊するギル。やっぱりこいつアホの子や!!!!!!(笑)
ジェンたちを見るなり魔王軍か、と言う辺りパッと見は人間とそう違いは無いように思えるけどどこかわかるポイントでもあるのかな。
捕まっているんだからきっと丸腰のジニム。見逃してくれと命乞いをしますが聞く耳持たずあっさり殺してしまうギル。
諌めるジェンに対してもこいつの生死なんて関係無いと答え、ダイナも同意。こいつらの淡白な魔族っぷりよ(笑)
任務は一応こなしたわけですし、ひとまず帰ることに。このパーティ、ちょっと知性派が足りない…ジェンのに穴が開く(笑)

階段を降りるといきなりが立っていたので驚いて回復(笑)いきなりいるなよビビるだろうが!!!!
誰かと思いきやコーランの町中で聞いたオカマの呪術師ホーランでした。あ、本当にオカマ口調だ(笑)
そしてボス戦へ。呪術師っていうんだから今回もシールで魔法封じをしておこうかな!

完 封 勝 利

魔法封じられてるんだから諦めて殴ってこいよ男だろぉぉぉ!!!!

まさか毎ターン魔法を使おうとして「しかし封じられている」で終わってしまうなんて思わなかった(笑)しかしこのシール、強力すぎる…!
失敗したことも無いし、このゲームにおいてはかなり有効です。普通はボス系には通じないか途中で切れると思うんだけどな…(笑)
強いのね…と言って倒れたホーランでしたが、ところでこいつは何をしに来たんだろう。塔に不審者が入ったから始末に向かったとか?
その辺の説明が無いまま鉢合わせして殴り倒していく様はもはや通り魔に近いところがあるけど、いっか!魔王軍だしな!!


また昇格できたのでAPを授かることに。で、ふとここで気が付いたんですが…全然APのLV上がってないな!?
闘技場や塔内エンカウントでも一生懸命使ってたけども上がってない。んでAPを選んでくださいと言われ既に使えるようになっている
APをまた選ぶことができることに気が付き、まさかと思い始める。で、試しにLV1のAPを選ぶと次のキャラへ。
で、イベント後にステータスから確認してみるとLV2になっていました。お、おう…そういうこと、なのかな??
もしかしなくてもAPのLV上げってこの昇格でしかできないのかな…だとしたら同じAPを使えば強くなるってちょっと違うじゃないかー!
使用回数戦闘回数だと思ってしまうよ…。とりあえずまだ通常攻撃の方が強いのでSWMに頼ろうか。APももう少し調べないとな…

ジェンの許嫁が寝床にいたりして、と左の塔(個人的にこれが寝床の名称です)に入ると酒場でレインが待っていました。
お前さんかい、ジュディーじゃなくて!レインはジェンの配下に加わりたいようでした。やったー4人目の仲間だ!!
なおレインに対して頭おかしいんじゃないかと相変わらず相手を煽るのが好きなギル。こ、こいつ…(笑)
ジェンのモノローグで武闘派揃いの我がパーティにおいて頼れる男、と評されているのを見るに脳筋パーティと自覚しているらしい。
武闘派というよりは過激派のように思えるけどな!!
さてさて、それじゃ次はこのレインも鍛えて次の任務に向かいますかね…


飛族の男、レイン=アスピードが加わった。

一方の婚約者ジュディー=シルスとの再会は果たせるのか。

次回を待て!!

category: 体験記(ダーキン)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop