風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ダーキン) »ダーキン体験記第六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダーキン体験記第六回  

ダークキングダム体験記第六回です。


魔王城で武器防具や道具が不安なら人間の街からかっぱらってこいと言われていますが、武器防具に関しては
魔王城の方がシナリオが進むごとに強いものが入荷されていくのでいくらタダでも人間風情の武器防具じゃ物足りません。
しかし道具に関してだけは別。傷薬(単体回復)が9個ずつ持てることが発覚したため、この辺から任務を受けて出発する度に
すぐ南にあるイルモの街の道具屋から傷薬をドカンと大量に奪っていく魔王軍の姿が見られるようになったとか…
魔王軍だって、賢い生活を送りたいのです。第六回

前回のあらすじ:イルラント放浪記

全てのイベントを網羅することは難しそうですが、あちこちのマップを歩き回って宝石を拾ったりお宝(30G)を手に入れたりと
好き放題歩き回ってきました。いくら歩き回っても敵が出てこないフィールドは先にも後にもこのゲームぐらいじゃね?
ジェンの婚約者であるジュディーが加わりメインメンバーはこれで5人。あれ?パーティは4人ずつ組むんだけど…??


任務を受ける前にどこかの街のイベント。魔王軍が現れますがそこへ颯爽と登場したのは4人の若者たち。
勇者ルクス、戦士ボルト、僧侶メロウ、魔法使いワット。覚悟しろ!と戦闘が始まると同時に場面転換。あれ、結果は…?
ティンカンサスも落とし残す人間の国は3つ。ところで現在はフェア=ラート閣下との戦いから3ヶ月経過したそうだけど
特に季節柄の何かがあるわけでもないし、日付はあまり意味は無いのかな。いつもあと○日表示にしてるけど。

今回の任務はラーゴンという国にある魔導兵工場の破壊。期間が30日と長いので今回も寄り道できるかな。
また、さっきのイベントで登場した勇者の存在も教えてくれました。ただし戦わなくていいとのこと。いや戦うフラグじゃないか(笑)
その後誰かがジェンの元にやってきました。コルド=ビッチという額にがあるように見える魔族の男。こいつもまたジェンの配下に
なりたかったようですがいきなりすぎるのでジェンは拒否。役に立つところを見せてくれれば、とジェンが言ったところ何をする気か
どこかへ行ってしまいました。まさかこいつも仲間になるのかな?見た感じパワータイプか、それとも破戒僧タイプか…

お店の品揃えは何か変わってるかなー!と2階へ上ると前回と違う人がいたので話しかけると前にニッド閣下ともめた時に
止めてくれたローゼン爺さんじゃないですかー!お久しぶりです!と挨拶するとあの時まだ配下になっていなかったギルから見ると
上から目線(実際立場は上)の挨拶にエラそうじゃねーかと暴言。そんな暴言をスルーして笑うローゼンさんに聞いてんのかよボケが!
更なる暴言。ダイナ、こいつを止めてくれ…(笑)ギルの台詞、実はひらがなが多く賢さのステータスはダイナより上だけど
常識力的な意味では一番こいつがアホかもしれない。
また、もう一人いました。ブラン=ホーネット。最初の任務で会った人だな。さっさとアプラサス落とせやと急かされていた(笑)
あれ以来あまりいい成果を収めていないらしく、ここでもギルがお前が役立たずだからと言いかけたところをジュディーに止められて
いました。そりゃ魔族らしからぬ優しいと言えば優しいけど手ぬるいと言われたら手ぬるい感じだったものな…
そんな懐かしい人たちと再会しつつお買い物。武器は前回の反省を踏まえて無属性にしました。敵の属性を瞬時に判別したり
戦闘中に装備を変えられるシステムが存在しない以上、運任せな戦いはしたくないもので…。

ということで今日の闘技場(某番組の某コーナーの如く)。ジュディーが加わったものの、4人でチームを組むと一人があぶれてしまいます。
さて、誰を外すか…ダイナは良き友だし、ギルも攻撃力が高くて頼もしいし…ということでレインセカンドユニットへ移動。
もちろん傭兵の皆さんも入れてるけどレインが加わって以来LV上げしていないからなぁ。出番が無ければいいんだけど。
ひとまず20連戦してみるもあまりLVは上がらず。40手前になりましたが果たしてこれで大丈夫なのかなぁ…


いざ魔王城を出発してラーゴンへ。その途中いつまでも入れないホルンの村という場所があり、今回も入ろうとすると
ここがジュディーの故郷だということがわかりました。あれ、婚約者っていうからてっきり同じ村の人だと思ってたのに。
母親に会いたくないそうなので入れず。ジェンに会うためだけに飛び出してきたのかな。あとジェンもジュディーに会うかもと思って
入りたくなかったのかと考えれば納得。ということはこの村、もしかしたらずっと入れないのかも(笑)

ラーゴンに着きとりあえず宝石がどこかに落ちていないか歩き回り、無事に拾ったところでジェンの故郷、セブの村へ。
何か過去について語ってくれたりするのかと思いきや何も起こらず…おいジェン、何か言えよ!お前ん家どこだよ!!
結局何も見つからず立ち去りました(笑)その後鉱山があったので入ってみますが敵がめちゃくちゃ強くてジェンがやられてしまい
あえなく撤退。ティンカンサスの洞窟とかもだけど、このゲームの洞窟や鉱山って意地悪だわ…(笑)
ちなみにここで珍事件戦闘不能の直し方がわからない。アイテムはどれが該当するのかわからず、また蘇生魔法は未セット。
教会はセーブしかしてくれないし…それじゃ宿か!!で、一泊したらジェン復活。寝るだけで復活する魔族スゲー!

山の中に建物が見えたのであれが工場なのかと思い進むとドワーフバトラーという敵に絡まれてしまいました。ザコかと思いきや
意外と強敵で、殴りがなかなか痛かった…LV上げが不十分なのかと不安になりましたとも。
しかも工場には結界が張られているらしく、入ることができませんでした。結界を解くオーブがルーンディルク国ケーサにあると
レインが教えてくれたんですがこいつやたら詳しいな!さすがは飛族のエリートなのか、それとも…


ルーンディルク、行けたそうです(魔王城に戻ってパスポート屋に確認しようと思ったら一度話しかけると二回目は無いらしく仕方なく
突撃したらすんなり関所を通してもらえた)
。そんな間抜けな行動で2、3日日数を無駄に減らしましたがまだまだ期間内。
首都などもうろついてきましたが目的のケーサの街に到着。話を聞いて回ると教会の地下にあるとか…ん?教会の地下?
パレオ国にある一言老人の家で爺さんからヒントを教えてもらっているんですが、これが章ごとに違うと知ったのはつい最近(笑)
今回は教会の地下を迷わずまっすぐ進めと言われたのできっとここのことだろうな。オーブもらっていくぞー、と神父さんに
話しかけてもセーブしてくれるだけでした(笑)しかし地下はマス目状の無限ループ仕様、あと敵もたまに出る。
こんな教会があってたまるかよ!というかまっすぐ突き進んでいるはずなのに戻されてるんだけどどういうことなの!
やむなくメモ帳にを引き、一定の場所でワープするようなのでそれらをメモしていくとある宝箱がある通路をまっすぐ進むルートを発見。
ああ、迷いの羽が入ってた宝箱ってわからなくなったらこれで帰れよ、って意味じゃなかったのか…(笑)
がある部屋に着き、オーブも発見しますが像が襲い掛かってきました。ここでボス戦か!変わらず魔法封じからのタコ殴り戦法
勝利。さっきのドワーフバトラーの方が強かったよ…(笑)動かなくなった像は壊れたというよりはジェンたちの力を認めたようで
オーブも入手できました。そして帰ろうと教会を出るとここでかの勇者一行と遭遇。やべぇまたボス戦か!と思われましたが
ジェンはデグ閣下の言いつけ通り戦闘を回避。しかし教会に行った理由(オーブを手に入れるため)をあっさり話しても
それを取り返そうともしない勇者たちよ…(笑)オーブの重要性、わかっていないのかな。
彼らは神像に勝利祈願に来たそうなんですがあいつらあの無限ループの通路を歩きたまに襲い掛かってくるキメラを殴り飛ばして
祈りに行っていると思うとなんかすごい。でもジェンたちがボコボコにしたので見た目が凄そうだな…(笑)


オーブを手に入れたことにより魔導兵工場、ヘクストリアに入れました。いきなりリャントーという男がいましたがジェンたちを煽って逃亡
とりあえず入ろうか、と足を踏み入れると突然床が抜けて落ちてしまいました。にかかる間抜けな魔王軍!!
落ちた先の部屋の壁はが。うわぁよくあるじわじわと迫ってくるやつだー!魔法で爆破しようにも自分たちも巻き込んでしまうため
万事休す、と思われましたがここでコルドが針の無い壁をバコーンと壊して登場。よくわからんが助かった!
コルドは自分が役に立つところをジェンに見せたくて単身乗り込んできていたようだけど…なんで地下を(笑)
ということでここでコルドが仲間になりました。…が、例にもれずLVが低いのでレインのいるセカンドユニットへ。
ってよく見たらこいつ装備何もしていないじゃないか!そんな状態でよくここまで来たもんだな(笑)お下がりあげておこう。

地下から這い上がって最奥部。魔導兵とリャントーが待ち構えていました。驚くリャントーに対しジェンがあんな罠でくたばるか!
言いますがジュディーが心の中で死にそうだったのに、と突っ込んでいるのがなんだか笑えた(笑)
工場を破壊するため、魔導兵×4とバトル。しかしこいつらが数の暴力で強いこと強いこと!しかも念のためにとシールを全員に
かけようとしたのがいけなかったのか攻撃がジェンに集中してしまいいきなりジェンダウン。人数が減ったことにより更に攻撃が
偏りやすくなり、ダイナとギルまでやられてしまいました…うわあああぁあこのままじゃ全滅してしまう…!
ジュディー「ジェン!しっかりして!ダイナ、ギルも…!」
ジェン・ダイナ・ギル('A`)('A`)('A`)<シュウチュウコウゲキシテクルトカソンナヒドイ
ジュディー「もう駄目だわ…私一人では勝てない…」

「貴方一人だけではありませんよ」

ジュディー「!!」
レイン「私たちと交代してください、ジュディー。ジェンたちの奮闘を無駄にはできません」


レイン、コルド、プリス、ウィザが飛び出した!
という脳内会話を流しつつ部隊交代!こういうときのための部隊システムだったのか!
しかしレインはジェンたちに比べLVが低く、コルドは一度も戦闘をしておらずこのボス戦が初陣傭兵2名に至っては装備もLVも
どんな具合だったのか覚えていない始末(笑)だけど諦めるのはまだ早い!ラウンド2行くぞオラァーーーー!!!
レインに全体回復魔法のヒールを覚えさせていたので3人が集中攻撃を仕掛けている間に回復をしてもらい、まずは1体撃破。
今度はこちらの番だと言わんばかりに集中攻撃でいなしていき、まさかのセカンドユニットで勝利。
経験値がものすごいもらえました(笑)生存したジュディーには与えられない様子。しかしここで驚愕の事実。

ウィザのレベル、20だった。

おい…ジェンは39だったんだぞ…約半分だったのによく生き延びたな…(笑)意外とこんなLVでも戦えるのかと驚きました。
何よりコルドがいてくれて助かりました。足は遅いけど力に自信のある戦士系だった模様。

魔導兵を倒している間にリャントーは逃げてしまったらしく、それじゃその間にやっちまうかと工場を爆破
そのまま魔王城へ自動帰還し昇格してもらいました。いつになったらAP実用LVになるのかな(闘技場で毎回確認中)。
そしてコルドも正式に配下になりました。セカンドユニットのままだけどな!!(笑)
任務が無事に終わったものの、ジェンは勇者ルクス一行との戦いを予感していたようでした…


熱戦を乗り越え任務を遂行した魔王軍。

しかし勇者との戦いは目前に迫っていた…

次回を待て!!

category: 体験記(ダーキン)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。