風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ダーキン) »ダーキン体験記第壱拾参回

ダーキン体験記第壱拾参回  

ダークキングダム体験記第壱拾参回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!!


このゲームに登場する魔物たちには様々な種族があるんですが、説明書無しプレイの環境で種族が把握できているのは半分以下。
というわけで、クリアしたのでメインメンバーの種族をうぃきぺさんで調べてみたところこんな感じだったようです。
ジェン:進人族(第二等)
ダイナ:進人族(第二等)
ギル:魔族(第一等)
レイン:飛族(第一等)
ジュディー:進人族(第二等)
コルド:蛮族(第二等)
ウォル:亜族(第三等)
コルドが蛮族、ウォルが亜族というのは意外でした…というか亜族って何か特徴があったのだろうか。見た目は進人族と似てるけど。
ランクと階級は関係無い(第三等死族公爵になっていたりしますし)とはいえウォルが一番下なのも驚き。
顔グラ有キャラに出てこなかった虫族とか水族とか見てみたかったなーと思いますが、よくよく考えたらいました。きっと闘士だ。

前回のあらすじ:最後の戦いにして悲劇の幕開け

ジェンの一族の仇がベーザーだとわかったものの、そのベーザーはトーデスと手を組み魔王フリードを倒して新魔王に。
そしてギルとレイン洗脳させてジェンたちを襲わせ、斬らせた。長い間共に過ごした仲間をこの手で斬ったジェンの慟哭が洞窟に響き渡る…


味方を殺したショックで自虐の笑いすら出てくるジェン。いくらベーザーの仕業だろうと考えても、斬ったのはジェンであることには
変わりません。酷すぎるだろこんな展開…プレイヤー手塩にかけて育てたキャラクターを殺させてるんだぜ、これ…
だけどここに立ち止まるわけにもいかず、2人は抜け道を駆け抜けました。


一方のダイナウォルと共に街にいました。…が、ウォルはの前に立っており、何したのかと思いきやなんとここを出て神の国
行くとか。やっぱりジェンの復讐に手を貸すつもりは無いつもりのようで…それ以前にもっと大変なことになってるんだけど。
ダイナにも一緒に来ないかと誘いましたが、ダイナはジェンのことが好きだからジェンのために戦いたい、と拒否。
このまま外へ出るならウォルが命を落とす心配は無さそうだけどそもそも神の国って何だ…?というかイルラント以外にもあったの?
根本的なところから疑惑が出てきました(笑)後の台詞などからようやく気が付くんですが、イルラントは1つの島。
つまり他にも大陸があったようです。ということは…日本もあるんだな!ポン刀の原産国が!!
ウォル、行くなら神の国じゃなくて日本行ってよ!何時代なのか東方見聞録してきてちょうだい!!
だけどこのまま船が転覆したりとかそもそも神の国で殺されたりしないか心配だ…でもこっちにいても危ないしなぁ。
危ないのはダイナの方か。きっとジェンと合流しようとしているから途中でギルたちのように洗脳されなければいいけど…
あとコルドもいないのが気になります。きっと洗脳済みだろうから、どこかで倒さなくちゃいけないのか。


外へ出たジェンたちはセブへ向かうことに。前に行ったけど何もイベントが無かったのはこのタイミングのためか。
関所を強引に突破してセブにたどり着きますがもちろん魔法実験でボロボロになった静かな村のまま。
ですがなんとここで勇者一行が登場。さっきのこともあってジュディーがジェンを殺させまいと立ちはだかりますが、戦う意志は無いようで
逆に力を貸してほしいと言われてしまいました。勇者一行は魔王撃破のために魔王城へ乗り込むようで、そのためには
魔王城について詳しいジェンたちの力を借りたいようでした。彼らの戦いもまた終盤を迎えていたんだなぁ…
一族だけでなく自分の手で殺めたギルレインローゼン爺さんの仇を討つためにジェンはその要求を了承。ルクスもジェンの異変
感じ取っているようでした。そもそもいつも大人数でいたはずのジェンたちが2人しかいないってのも奇妙だろうしな…
傭兵たちは今どこにいるんだろう。城を出る前に解雇されたのかな。それもそれで失業していてシャレにならないけど。


ヘルナータの洞窟解放する必要があるらしく(何のフラグが込められているんだ)、まさかの洞窟攻略。
一応前に宝箱の回収に訪れたことがあり、最奥部がの流れているフロアだったのは覚えています。しかし道順は………
ウロウロして最奥部。すると先に向かっていたルクスたちが誰かと対峙していました。なんとデグさん
ルクスと手を組んでいることに驚いたデグさんでしたが、ジェンがベーザーを倒そうとしていることを知るとギルとレインの仇
討とうとしていることも把握したようでした。あれ、どこで知ったのその情報…ベーザーから聞かされたとか?
デグさんは魔物といえど武人、戦いの中で死のうとルクスに戦いを挑もうとしていましたがジェンはデグさんを殺したくないと説得すると
やがて戦わずにこの場を立ち去ることにしてくれました。よ、良かった…お世話になった上司まで斬りたくないもの。
そのままスタスタと歩いて…うん!?どこへ行くのデグさん???魔王城に戻るのか誰にも気づかれないところへ潜伏するのか…
そこへ青い影が出現、ベーザーの幻影でした。勇者と手を組むなど愚かなり、とジェンを煽りまくり。
全ての元凶のベーザーに怒りを爆発させるジェン。ルクスと共に魔王城へ向かう決意を固めました。

帰り道にダイナが登場。だ、大丈夫?操られてない?あの笑顔で剣を抜いたりしない?と半信半疑になってしまいましたが、
ルクスと手を組んだことを知るとへー凄いじゃん、とのん気な感想。ああ大丈夫、こいつは洗脳されていない。
ジェンと共に戦うためにわざわざここまで来てくれたダイナ。すまんな、ギルと迷ってお前をセカンドに置いて…いやギルも大事だけど。
だけど確実にこいつは…な予感もしてくるのがこの怒涛の最終回。とりあえずダイナをジェンとジュディーのに入れておく。


ゼノに戻り魔王城に入ろうとすると僧侶メロウにになってから入った方がいいと言われてしまいました(笑)
まさか女子に制される日が来るとは思わなんだ…魔物も夜は休むからな。できるだけ体力は温存したいところですし。
夜になって入るとジェンが二手に分かれようと提案。真正面から入るだけでなく民家の地下を通って城内に入ることができるのを
知っているのは魔王軍の兵士だからこそだな。一度だけ通った気がするなぁ。まさかこんなところで生かされるなんて…
勇者たちは正面から突入、ジェンたちは地下から。同じ女性で心配しているのかメロウがジュディーに死なないで下さいと言ったけど
それ逆にフラグになるから口に出さないでほしかったわー…!


地下でコルドが待ち構えているのかとヒヤヒヤしましたがあっさり通過して城内…に入ったつもりだったんですがまた内装が豪華に(笑)
あいつのセンスってば派手だなー!BGMまで豪華にしちゃってもう。フロアの形まで改造されてしまった魔王城、完全にラスダンです。

エンカウントはとにかく無視、そして進んでいくと誰かが待っていました。えーと、あれは…コルド!?
プレイヤーにはコルドがどうなっているかはわかっていますが、ジェンたちは何も知らないため普通に話しかけます。
しかしコルドもやはり洗脳されており、倒してやる!と立ちはだかってしまいました。うああぁぁまた殺さなくちゃいけないの…!?
ここでダイナが2人に先に行くように告げました。コルドは俺に任せろと。思わずダイナ!と叫ぶジェンでしたが、それに対し
だ、大丈夫だと答えるダイナの笑顔が実は引きつった笑いなんじゃないかなと思えてしまいました…。
ジェンたちを先に行かせコルドをどうにか押さえつけるダイナ。しかし元に戻す方法は見いだせず、かといって
ジェンを殺させるわけにもいかない。覚悟を決めたダイナは穏やかな顔で言いました。

「コルド…お前ひとりじゃ寂しいだろ?俺と一緒にあの世に行こうぜ…」

赤い光と共に2人は消滅。何故だ、ダイナー!!!!一緒に死ぬ必要は無かったろうに!魔法…は得意じゃなかったから
武器で一緒に体を貫いたのかもしれない。何にしてもなんて凄惨なことを…!

ダイナの身を案じるジュディーでしたが、大笑いしながら戻ってくるさというジェンの言葉が辛い…!戻ってこないんだよ!
戻ってこないことをプレイヤーはわかっているけど当人はそのことを知らず戻ってくることを信じてるシチュエーション
前にも別のゲームのEDで見たからより一層悲しい…すぐに引き返したとも!(引き返せるのかよ!と思わず突っ込む)
しかしそこに2人の姿はありませんでした…。どうしてダイナは道連れを選んだんだろう。コルドには悪いけど3人で協力して
コルドを倒すこともできたのに(死ぬ間際のほんの少しではあるけど正気に戻るかもしれないし)と思いましたが、ルカの谷
騙されたことにダイナが憤慨したときのことを思い出しました。結局過去に何があったのかはもう聞くことができませんが、
もしかしたら誰かに騙されて一人ぼっちになったことがあったのかな、とか…もしくはギルたちのことをジュディーからこっそり聞いて
これ以上ジェンに仲間を殺させたくなかったのかもしれない。すまない2人とも。あの世でギルとレインと合流していてくれ…


ちくしょう!ちくしょう!!と怒りと悲しみを堪え豪華な魔王城を走り回りますが、こんなところでギミックが出てきました。
女神像ボタンがあるらしく、これで何かを切り替えるらしい。何かって何だよ!途中でが無くなり(背景真っ黒)立ち止まりますが
一定時間ごとに歩ける道がキラッと光るのでこの上を歩いて別の足場へ。ちなみにエンカウントで出てくる敵が画面いっぱいの
デカさを誇るドラゴンばかり。金銀プラチナと何種類か出てきますが全てスルー。ここまで戦いを拒否してラスダンを駆け回るゲーム
なかなか体験したことが無いです(笑)過去の体験記のラスダンは寧ろ何度も入り直したものばかりで…
先ほどのコルドよろしく待ち構えていたのがゼーレンさんヘルトさん。ごめんねもう階級わからないからさん付けで!
2人もベーザーに従っているようですがこれが洗脳によるものなのか自ら服従しているのかよくわかりません。
でも敵対してしまった以上戦うしかなく、2人で協力して撃破。正直あまり接する機会が無かったから思い入れが弱くて反応に困る…
こちらのメンバーの半分が死んでる一名は無事に生き延びてくれればいいけど)からこれ以上のインパクトはあるまいと感じてしまうなぁ。
しかしここに来るまでに道が途切れて迷ったり女神像のボタンで切り替わるのが空中の隠し通路だとわかっていても
結局迷ったり何故かダメージ床があったりダンジョンらしいダンジョンです、この魔王城。寧ろ今までがシンプルすぎた

途中金色の女神像から神々しい声を聞いて回復&セーブをしながら進むと今度はニッド閣下。おう久しぶり。
どうやらこの奥にベーザーがいるようですが今度はジュディーがジェンを先に行かせようと動きます。うわぁやめてさっきそれで
ダイナがコルドを道連れにしたんだからー!!しかしジュディーの必死の叫びにジェンは一人先へ。
だ、大丈夫かな…SWM頑張って真ん中押すよ、と戦う覚悟をしますがニッド閣下がへっへっへ、といやらしい笑いを浮かべたので
なんとなく勝てる気がしてきた。その予感を的中させるようにここでウルさんが参戦。頼もしい上司がキター!!
ウルさんはベーザーに勇者たちと戦うように命令を受けていましたが、ジェンを助けるためにこちらに来てくれたようです。
つまり勇者たちも余計な戦いをせずに突き進んでいるんだな。これならジュディーも助かるかも…。

ベーザーの元へ向かうジェンの元にルクスがやって来ました。しかしルクス一人だけ。仲間たちはルームガーダーを倒すために
ルクスだけを行かせたとか。ルームガーダー…聖剣2のボスを思い出すな。早く倒さないと針の壁に潰されるやつ…
かつて洞窟のに引っかかって手を組んだコンビが復活。互いに仲間を失ったけど(勇者側は死んでも生き返るだろうけれども)
敵討ちのために、世界の平和のために、魔王を討ちに向かいました。
一方のジュディーでしたが、ウルさんがニッド閣下を瞬殺。これはひどいかませ(笑)ジュディーも勇者の仲間達も追いつければいいな。


いよいよ魔王ベーザーの間。魔王になったことでちょっとそれっぽい佇まいを見せるベーザーにルクスがお前が魔王か!と言いますが
それ以前の姿を知るジェンからすればきっと滑稽だったろうな。ベーザーはギルたちをあるお方から得た力で洗脳したと言い、
自らの手で仲間を倒した感想はどうだ?とジェンの心の傷を抉る一言。うるせえこっちだって好きで殺したんじゃねえよ!!
しかもジェンは戻ってくれることを信じてるかもしれないけれど、ダイナだって洗脳されたコルドを止めるために自分を巻き込んで死んだ!
ここまで悪意を込めて死ぬがよいと言えるボスは珍しいぜベーザーァァァァ!!
いつものボス曲ではないのですが、黒幕が控えているのでこいつは前座だなと思いながらルクスと共同戦線
ルクスに攻撃を任せジェンはシールやカインズディフェンスで補助をかけてから攻撃に参戦。ルクスはイベント戦のステータスではなく
ルーレムの洞窟で組んだ時の頼もしい版なのでガンガン攻められるな。クリティカルがたまに痛いですがすぐに回復で
取り戻せるのでさほど苦戦せずに撃破。仇はとったぞみんなぁぁぁーーーー!

息の根を止める前に、ジェンはベーザーに尋ねました。お前がセブの村を滅ぼしたのかと。しかし、帰ってきた言葉は予想を裏切るNO
確かにベーザーは魔法実験を行った。だけどそれはセブの村ではなく、このゼノの国
どうしてこのゼノだけが人のガイコツが転がっていたり壁に血痕がべっとりとついていたりとダークな雰囲気かというのを
ようやく気づかされました。他の国は魔王軍に落とされたといっても虐殺されたりもせず、人間たちは普通に生活をしているのに
ここだけ異常だったのは、魔法実験のせいだったのだと。てっきり最初に落とす際の見せしめだと思っていたのに…!
リターリンの奴、ニアミスしたな!後で会ったらサクセシヴかましておくわ…
それじゃ誰が、という問いにとうとうトーデスが登場。おうお前がラスボスだな首を差し出す用意はできてるか?
トーデスはジェンと会うのが3度目と言いました。コーランで1回、で1回。どう考えても1回足りない。
その記憶はジェンが心の中で消してしまった記憶だとか。トーデスは魔法で最初の出会いを見せました。


セブの村にいたジェン。そこへ襲い掛かってきたトーデス。自分の意志で超魔導を使えなくしたのか、と意味ありげな言葉を言い
ジェンを殺そうとしますがあの時のようにジェンの肌の色が変わり、白目をむいて叫ぶ。それがトーデス曰く超生体化
その力は村全体を飲み込み…。きっとその記憶も一緒に吹き飛んだろうけど、これが真実
村を滅ぼしたのは、ジェンだったのでした。


そんなものを見せつけられ嘘だ、と信じたくない様子のジェン。一族の仇を討つために魔王軍に入って、再会した幼馴染
仇を調べてもらっていたのにまさかその仇が自分だったなんて。一体何のためにここまで多くの犠牲を払ってきたのかと…
トーデスは自分を神の国から遣わされた超生体と言い、ジェンはそのプロトタイプ…300年前の黄金戦争で人間と戦った黄金戦士
ルクスの反応でてっきりトーデスがそれだと思いきやまさかのジェンという展開。戦いで死んだんじゃなくて封印されたのかな。

(あれ?神の国ってウォルが向かったところじゃね?そんなとこにこんな奴がわんさかいたらウォル駄目じゃね?死ぬんじゃね?)

そんなことも考えつつも話を聞いていると、トーデスは神の命令によりジェンを抹殺しにやって来たのでした。
ある意味これ元凶だよな…ジェン=ドールマンという存在をつくった時点でもう全てが始まっていた。
仲間を(洗脳されていたとはいえ)倒し、宿敵(だと思っていたら見当違いだった)を倒し、もうどこにもやり場の無い感情。
それが爆発してジェンが超生体化を起こしました。プロトタイプのジェンと完全体のトーデス。そこだけ見るとジェンが不利そうに見えますが
こういう展開で古い方がそのまま負ける流れなんてまず存在しないってこと、アンタは知らないんだろうな!

…ラスボス戦のはずなのに、とても切ないBGM。ジェンは超生体化をしているせいかHPが999、魔法もシャイニングレーザーなどに
変わっていました。トーデスも本気なのかオーラがめちゃくちゃ出てる。ルクスはこの戦いを見守ることしかできないのかな…
ヒール・ハイまで備えた魔法は全部99回使用可能。もはやこれはイベントバトル。事実上のラスボス戦はベーザーかな。
いやでもこれもルクスと2人での戦いだから遡りまくって…サラエの倉庫皆で戦った最後のボス戦か。と考えたら
もう皆いない(1名は生存、もう1名は怪しい)と思えてまた泣けてきます。
魔法の威力が凄いんですが、どこかジェンが遠くに行った感覚がするのでAPのサクセシヴを使ってみるも威力が低いな。
なんだかもうただの魔物(今となっては拾われたりしてセブ族として育てられたのかなと思う)ではないと言われているようで…
そんなジェンの心境を表しているような儚いBGMを聴きながら、高めた超魔導トーデスを打ち倒したのでした。


























トーデスを倒すことには成功したものの、もう力を制御できまいと言われてしまいました。今までの展開で追いつめられた精神が爆発し
力が暴走しそうなジェン。トーデスは抹殺できなくてもここまで追い詰めることが任務とされていたようでした。
ルクスが呼んでもジェンの力は止まらず強さを増すばかり。そしてジェンの元へ行こうとしていたジュディーも嫌な予感と強い魔力を感じて…

超魔導の暴走により魔王城は消滅、事実上魔王軍は滅んだ。
しかし魔王軍を崩壊させたジェン=ドールマンという魔物がいたことを、人間たちは知らない。


テロップの後に街に戻り(あれは暴走に巻き込まれ死亡→デスルーラじゃないかな)人々から祝福を受けるルクスたち
仲間たちも共に街を歩きますが、ルクスはこの戦いを終わらせた本当の英雄のことを気にかけていました。
ジュディーは命からがら魔王城を逃げ出したようですが、どこにいるの…と弱弱しく呟いてるので無傷ではないだろうな。
きっとウルさんもいただろうけどどうなってしまったんだろう。ジュディーを逃がそうとしたのかもしれない。
でも人間からすれば憎き魔物がうろついていたら…ジュディー、どうかルクスたち理解ある人間に救われていて欲しい。

そして、全ての始まりだったジェンは…

どこかの街にふらりとやってきたジェンでしたが、光がまぶしいよ…言葉遣いが幼くなりみんな消えちゃう、と自分の力の暴走で
村が滅びる悪夢を見ているようでした。うわああぁぁこれ完全にが壊れてしまっているよ…そんな…!!
そんなジェンを見つけた人間たち。ジェンの姿に見覚えがある人間たちは自分たちをコケにした魔物め、と部屋に閉じ込めようとしました。
そこへやってきた一人の少年。自分を助けてくれたんだ、悪い人じゃないと叫ぶこの少年は…クマに襲われていた時の少年でした。
あの時はダイナも一緒で…うぅっダイナ…!!ですが大人たちは少年の言葉に耳を傾けず、ジェンを引きずって物置のような
建物に押し込んでしまいました。哀れこのまま衰弱死するのかと思われましたが、少年が入ってきてジェンを連れ出してくれました。
それでもジェンの心は壊れたまま、泣いているのかまともな言葉を発することができませんでした。
ジェン…お前のそんな姿、見たくなかったよ……!!壊れた心が元に戻る日は来てくれるのかな…。

正しき者は勝利の宴を迎え
悪しき者は闇の彼方に葬り去られるのか…
ジェン=ドールマン…
哀れなるこの男に差し伸べられた救いの手は
きっとだれの心の中にもあるに違いない…


ダークキングダム END

うわああぁぁぁなんだこのED…辛い…!!初回でEDを見てしまっていると白状したものの、数年経った今覚えていたのは
・村を滅ぼしたのはジェン自身。最後に廃人になる
・ジュディーは一人彷徨う
・レインはジェンに殺される(洗脳されていたとは知らず)
・ダイナもどこかで死亡する

辺りでした。あの流れだとウォルも死亡すると思っていましたが彼だけ予想外の展開で驚きました…!生き延びるかは不明だけど。

魔王軍という侵略する立場だったため、人間たちにも襲い掛かったジェンたち。最終的には魔王軍は破れ人間に淘汰される存在に
なったのかな。ただ魔物は絶滅しているわけでもないので(デグさんリターリンは生きてそう)ホルンの村のようにひっそりと
隠れ住むようになるのかもしれない。どうにか生きていたジェンとジュディーのその後はプレイヤーの想像に託されますが
個人的には再会してどこかで生きていて欲しいと願ってしまいます。あれだけ人間に憎まれることをしたものの
プレイキャラクターとして動かした以上愛着がわかないわけ無いじゃないですか…!それ故にダイナ達の死もショックでしたし。
魔王軍といっても虐殺の限りを尽くすような軍団でもなく、彼らだけを見ていれば敵が人間でないところだけ見れば
他のRPGと変わらないように見えました。それぐらい彼らもまた個性的魅力的なキャラクターでした。
普段は勇者側のキャラクターを動かすRPGばかりですが、その裏側ではこんな物語もあるだろうなと考えさせられる、そんな
ダークファンタジーのお話でした。救われない結果だったけど、こういう物語も100万回に1回ぐらいなら体験したい。
それでは最終LV。ジェンとジュディーは最終的なもので、他の仲間は分離イベント前です。

ジェン:LV64
ダイナ:LV52
ギル:LV61
レイン:LV50
ジュディー:LV64
コルド:LV44
ウォル:LV61

ごめんなコルド!魔導兵戦のMVPだったけど闘技場で攻撃失敗を連発されてかなわんかった!
プレイ時間は表示されていないので確認できませんがそんなに長くなかったように思えます。体験記の回数的にも…
サブイベントを知らずに突っ走ったら結構短いんじゃないかと思ってしまいます。
それでは、これにておしまい…ではなく、ちょっとおまけを追加しようと思います。スラップスティックの如く。
それを加えてダークキングダムの体験記を終了とさせていただきます。
後半の展開に興奮しすぎて綴るのも後回しにして一気に駆け抜けてしまうほど面白いシナリオでした!
勢いばかりが目立つ体験記となりましたが、ここまでご覧下さりありがとうございました!


次回作についてですが、検討中です。恐らく夏か、秋か…インターバルの間にできればと思います。
候補は何本かあるのですがそれはまた決まりましたら近況報告にでも載せますー!

category: 体験記(ダーキン)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop