風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ルドラ) »ルドラの秘宝体験記第九回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルドラの秘宝体験記第九回  

ルドラの秘宝体験記第九回です。(サーレント編)

ルドラ体験記メガネ(サーレント)の章かれこれ三回目ですが
全体的には第九回。相変わらずおっせぇなこのドベ!な体験記。
たまーに役立ってることあると思えば只の突っ込みだらけでもあり
何やってるんだかわかんないけど自己満足と言えばそれで
なんとも納得できるのがこの綴の存在価値です(長い)

前回のあらすじ:彷徨えるメガネ

ルドラにを奪われ冥界を漂い、助言を得たと思えば
今度は地上に放置されていた己の身を奪われる!
悲運すぎて逆に笑えてしまえるのがこのサーレント君の物語。
とにかく自分の身体を持って行きやがったクルガン
聖杯に封印してさらにハウゼンを倒す旅は
時計塔でのLV上げによって大いに遅れていた!!!

とりあえずLVもまずまず上がったので時計塔を降り
(その前にシオンの章で手に入れデューンらにガッカリされた
リーフ2枚、手に入れちゃったけどシオンの章に影響は出ないのかな)
そして次に行けそうなのはー…と、発見隠れ里
シオン編ではフォクシーを救うべく向かった里でした。
もう聞かなくても行き方はわかるぜ!(ズカズカ)

…戻ってきた

すみません始めどこに入るんだっけ

3分の1でさえも外す、つか忘れた自分に完敗

その後きちんと到着して長老のところへ。
どこでも偉そうな人のとこへ行けばイベントがあるもんよ
ってロロダナン族だったようで。でもハゲてないよ(笑
子供のダナン族は珍しいって…大人のダナン族は生まれたときから
大人
なのか、そしてあのラミレス爺さんは生まれたt(以下削除)
ロロはピピンというトカゲと一緒にここを抜け出した悪がきだった
ようです。自覚の無い本人と被害を被ってない味方も驚愕。
この話を終えてもロロは「さらわれた子供」が職業です(笑)

口伝師からはかなり昔の話を教えられました。
ラゴウ石のかけらがどうやら今後のキーアイテムのようです。
そいじゃま外へ…と来たぜ、

天空の島、豪快ダイブ!!

よくもまぁ津波とか起きなかったね!大貝獣は起きたぞ!残念ながら
今頃シオンらはデューンに会って…いいなぁ(笑)

さて、それで…どうしろと?

人生の迷い子、第2幕です。

とりあえずワープしまくるとほこらの時計針が12時を…
よっし、ここは何だと入ると

あのハイパー強いトカゲ×3のお部屋。

踵を返し終了。全然勝てる気がしないね!(笑)

天文台は以前入ったときは何もありませんでしたが
今回はプラネタリウムが見られるようで…ワーイと入る一行
そのワーイイベントがあることに対してである。
ロボの語る「彼」の行為。なんかそれはシオンの章で最後に会った
あやつの事な気が…とここでボス、サラス
あれ、マユラの色違いですがお姉さんか何かですか?
にしてもどっちもやばい露出度だ(笑)
んで、ここは終了してしまったので他のところへ。

天空の島が落ちたおかげで色々大陸がつながっていました。
いきなり見たデッカイ樹
そういえば汚染された大陸がどうの…ってここはリザの方なのかな。
して、木の実をさりげなく頂く。

すぐ傍に建物もあったので侵入。収容所??
っていきなりHPも多い図太い奴出ました!
経験値が2匹で500LV上げの糧にしてやりたいですが
あまり気が進まないのでパス。探索するも収穫できたのは
大量の浄化薬だけ。

更にうろつくと遺跡に到着。はて、ここは何だっけ…?
お、オプシスさんだ。いきなり哀れな姿だ、とか同情されました。
同情するならヒントをくれ(某台詞いじるなて)

更に更にうろつくと廃城??なんだか腐れたのばっかだな(失礼)
結局ここではタンクのいじり方?を学んだだけ。何に使うんだコレ
あと木の実を放り込んだら本棚が動いて部屋にも入れましたが
やっぱり収穫無し。

結論。

迷 っ た

やべぇよー!ここはどこだー!どこからアヴドルに行くんだー!
助けて、ボスケテー!!

結局日が全く進まなかったというアクシデント!

果たしてサーレント一行は先に進めるのか!

木の実を満タンになるまで拾ってる場合じゃないぞ!

次回を待て!!

サーレントの章、滅亡まであと8日…

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ルドラ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。