風林ノ草庵 ホーム » 体験記(エスポリⅡ) »エストⅡ体験記第参回

エストⅡ体験記第参回  

エストポリス伝記Ⅱ体験記第参回です。
すっかりガンガン行こうぜの如く進行しているのでせっせと綴るエストⅡ体験記!
シナリオが進むにつれて謎解きもボリュームアップ、
なかなかに面白いことになっております。
でも一つだけ聞いていい?
キャラの腕なんかみj(以下削除)

前回のあらすじ:爆弾男になりたかった

火力が低めだけど自爆することは無いから爆破し放題だ!
じゃない、ボムを入手して謎解きに使用していただけです。
次々と様々なエリアへ行くマキシムとティア。
お次のエリアはタンベル
前回のほこらで出会ったヒルダという女性が宿屋を営む町です。

タンベルで早速ヒルダと再会。そして彼女の言う兄貴が登場。

ってガイさんじゃないかー!!

説明書にもあったし中古データにもいた彼、正真正銘仲間です。
やったよ3人目!と思っていたら相当腕の立つガイはマキシムに手合わせを乞います。

男なら拳で語れってか、
よっしゃかかってこい!

(※でも拳じゃなくてだよお二人さん)

…と思ったら何やら邪魔が入ってしまいます。
謎の男が呼び出したモンスターとバトル!

名前:てした

オイラのバブリンとどっちがマシだぁぁぁぁぁぁ!!!
ネーミングセンスを問うバトルをさっさと終えると、
なんといつの間にかヒルダがさらわれてしまった様子。
ガイも仲間に加わって南東の塔へまっしぐら。
ガイは魔法が使えないのですがHPと攻撃力が高いのなんの。
RPGには必ず1人はいる「パワー馬鹿」タイプですね(言い方酷いよ)

塔なだけあって途中塔の外側から入り込む所もあったりしますが
迷っていたのは内緒だ!ぬおおおここどこだ
音符?ああ剣、アロー、ボムの効果音のことか!とか
6時?ああブロックと柱を針に例えるのか!とか
この辺色々なゲームでやったことあるから大丈夫と先へ先へ
(でも迷ったことは内緒だ!あれさっきも来たぞここ

こうして上り詰めること最上階!ヒルダも発見しましたがお約束のボス、カミュとバトル!
とりあえず適当にIP攻撃したらなんとに弱いことがあっさりわかったので
男2名はそれを連打。なんか毎回全体攻撃してくるから
IPもさっさと貯まりましたし。
簡単に撃破してヒルダも救助したものの今度はこれまたお約束ダンジョン崩壊が!
あわわどうしようとオロオロする4人の所に以前出会った謎の女性アイリスが。
魔法がかけられて開かない扉をあっさりと開けて4人をワープさせてくれました。

タンベルにワープしてもらいましたが彼女の姿は既に無く…はて?
とにかくヒルダを、とガイが言うので宿へ。そうかアンタもシスコン
その後ガイはマキシムの旅の理由を知り同行を頼み込んできます。
そこへ登場するのはガイの彼女。うむ流石愛を謳うRPG

こういうポジションキャラ多すぎですな

ガイは戦いが終わったら必ず戻る、と約束してパーティインしてくれました。

彼女もついてきたらダブルデートなパーティだったなぁとか
そんな事ホントにできたらすげぇよと思ったとある夜。

それにしてもやはりマキシムは出来た人です。ガイに最初は敬語使ってますし。
熱血主人公が世間一般的に多い中こういう礼儀正しい奴は珍しい。

ガイも正式に仲間になったところで先へ進行!
小さい町が見えたので入るとそこはクラメント
ガラスの職人お金持ちがいる町のようです。

貧困な沢崎にとってお金持ちは憎しみの対象です、
気をつけろ!(ゲームキャラにか)


ガラス職人の家には奥さんが1人。どうやら旦那さんはに行っているようで。
でもずっと戻ってこないようで心配しております。

そういうのって結構都合よく魔物に喰(以下削除)

さてとりあえず他にも情報収集。
お金持ちのカネアマール(アンタもなかなかな名前ですな)が欲する
「ルビーのリンゴ」を取ってきたらたっぷり金をやろうという話を
持ちかけられます。あの、まさか世界を救うのにこんなフラグ立て必要なんですか
でもそこで奥さんがガラス職人の家の家賃支払いが遅れているのを小耳に挟み、
何か思いついた様子のマキシム。おうどうするんだい赤髪君。

とりあえずそんなリンゴを取りにルビーの洞窟へ。
突然向こう岸にいる変な犬っぽい魔物グラフィック発見!!!
アローを連打するも無反応。むぅこいつはボスか!?
4つの連動するスイッチを全部左向きにするために必殺ガチャプレイ(それGC単語だよ)
してたら成功したから先に行くとかしながら先へ(なんて適当な)

すると先ほど見た謎の魔物のところへ着きました。
ボスだなコノヤロウと身構えて話しかけたら
カプセルモンスターでした。
なんだよコンチクショウ!!
とりあえずバブリンに続く2匹目です。んで…デフォルト名は

「もえもえ」

おい!マサルさんか!セクシーコマンドーか!!(笑)
今の時代でもえもえは非常に危険だ。だって(以下削除、しきれてない)
とりあえず、その名前は可哀想だから変えてやろう

「いぬっこ」

こんなところで盛岡弁(「っこ」付け)が炸裂してしまい凹んだ夜。
とりあえず今のところはバブリンでいいかー、とチェンジせず引き返し。

本当のボス、おおぐもとバトル!!!

…あの、てしたといいなんか、その、うん。

だけどこのおおぐもかなり強かったです(汗)
うわー!毒攻撃使ってくるんか!!こんな時に限ってIP特殊に
解毒できる鎧を装備していないという非常事態。全員毒でぐったり。
しかもたまに麻痺。こ、これは辛い…!!
解毒してるヒマがあるなら攻撃あるのみ!と
ひたすらマキシムとガイは急降下

怒りの急降下。

なんとか倒すとなんとガラス職人を発見。どうやらとっ捕まっていた様子。
ルビーのリンゴの正体、それはガラス細工だったようで、それでも売りに行こうと
言い出すマキシム。一体何を考えて…?
職人さんはなんとこんな魔物がうろつく洞窟を1人で去ります。
だからなんで突然無敵化するんだアンタら

町に戻ってルビーのリンゴを差し出すとあっさり大金を渡してくれるカネアマール。
これを今後の軍資金にするのかと思いきや家賃の貯まってるガラス職人の家へ。
あのリンゴを作ったのは職人ですし、家賃も滞納しているし、と差し出すマキシム。

お前、オールバックだけどいい奴だな(褒めてるのかソレ)

そしてティアにアクセを買ってあげるマキシム。
なんだか惚気RPGになってきたぞこれ(笑)
でもいつまでもこの危険な旅に同行させるわけにはいかないな、とガイと話すマキシム。
そうか、ティアが誰かにカブってると思ったら…
グランディアのスーだったんだ。ええわかる方だけわかって

そしてこのエリアもクリアしたということでほこらを抜けることができ
(なんかずっとこのパターンなのかな)
次のエリア、パーセライトへ。

新たな仲間、ガイも加わって力を増すマキシム!

パーセライトでは運命の邂逅が待っている!!

王国で彼を待つ人物とは!?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(エスポリⅡ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop