風林ノ草庵 ホーム » 体験記(エスポリⅡ) »エストⅡ体験記第八回

エストⅡ体験記第八回  

エストポリス伝記Ⅱ体験記第八回です。
てんやわんやと進めていたらあっという間に後半(だと思う)に突入したエストⅡ!
そういえばこのデータ、経験値やお金が4倍入る強くてニューゲームみたいなやつは
一切やっておりませんぞ!!できますけども。

前回のあらすじ:若い人はせっかちね

破壊の神ガデスを倒しスピード結婚を果たしたマキシムとセレナ。
しかし大切な息子ラルフイドゥラに攫われてしまい北の燈台へ向かうのでした。

燈台へはどうやら夫婦だけで行くみたいで、敵は強いのだろうかと思ったら
案外弱くて一安心。バガバガ倒しながら先へ進みます。
扉が見えているときにスイッチを押せってまさか扉が隠れないように
壁に箱を置いて妨害するなんてこれまた斬新な謎解きでしたな!
イドゥラコンチクショウとどんどん登って最上階。
ラルフが放置されておりました。わああああ虐待だ!
そこへ勿論現れるイドゥラ。それもラルフを人質に…!
しかし突然アイリスがイドゥラの手からラルフを取り返し、そのスキに夫婦が

阿修羅の如く襲い掛かりました。

例によって逃げられましたがラルフが狙われたワケ…
マキシムの血を引く者を残さぬようにしたみたいでした。
さらにアイリスから衝撃告白。

マキシムはあのガデスと戦った廃墟の塔で死ぬ運命だったということ。

確かにパーセライトが沈むのを防ぐためスイッチを押したら雷がズゴーン
マキシムに直撃してバタリと倒れたのは運命だったのかも…って

アイリスが助けてくれたのにこの言い方は何だ。やっぱりこの人ボスじゃないの?

ガデスを倒して平和になったのかと思いきや、今度はマキシム自身の運命
変える旅に出ることになりそうです。
セレナも同行を願いますが、ラルフと一緒に待ってろというマキシム。
でもセレナは自分には戦う力がある、大切な人を守るための力があるから
マキシムと共に戦って、そしてラルフの元へ戻って3人で平和に暮らしたい、
そんな泣けること言わないでくれよぅ…(?)
こうしてラルフを町のおばちゃんに預け、夫婦は再び旅に出たのでした。

またほこらを使ってあちこちワープするのですがそこへ出てきた男2名。

うわあああガイさんハイデッカ!!

なんでガイさんだけ「さん」付けなのかは自身よくわかってません、あだ名?
二人共仲間になってくれました。…あれ、ガイさんジェシーはどうしたよ
ハイデッカは剣が恋人とぬかしそれをガイさんがおちょくり…そんなコンビです、こいつら。

初対面でも剣で語った末意気投合してしまいましたし(笑)

そんなパワータイプが二人も加わって安心…かと思ったら
どっちか後列に回るから攻撃力ガタ落ちだよ!!!!(汗)
仕方なくガイさんを後ろに。もう1人はセレナですが威力が落ちるのはちょい切ない…

とりあえず次の町だー!と着いたのはアレイン
港町なのに船が一隻もありません。誰かに壊されたようです。
んー、イドゥラの野郎か。覚えておけよアイツ
でも1人ジャットという男が北の山に材料となる木を取りにいったようで、
彼を追いかけることにします。

なんだなんだこのハチさんらはー!なくらいハチにブッスリと刺される戦いの連続(汗)
スピードが高い敵はどうも苦手ですとも。
ここではまた一つアイテムを入手。ファイアーアロー
今更言うけどマキシムは弓矢も扱えるのだろうか。
これでブロックのに生えてる邪魔なを焼くことができます。

決して炎魔法かけた矢射れば済む話だとかそんなの脳裏をよぎったワケ無いじゃないすか!

ここの謎解きは一筆書き形式が多めでした。
ようやくジャットを発見、しかしボスがいるのかそこから先へ行けないみたいでした。

いやいやいやいや無傷であの謎解きをクリアして
ここまで来たこと自体凄すぎだからアンタ


でもボスなんてグラフィック無いなと進んだらなんか出てきた。

「ライオン」

動物園に行けばあっさり会えそうなのがボスかよ!!
なんなく倒すと伝説の木、じゃない幻の木を発見。これで船を作ってくれそうです。
しかし完成するのに2,3日かかるらしいので町で待機することに。
その間ナンパでもしようとしているハイデッカ。
負けじと(?)ハイデッカの後を追うガイさん。そんな二人を見てセレナが一言。

「男ってどうしていつもああなのかしら」

マキシム冷や汗脂汗。

酒場に二人ともいました。おいおいガイさんアンタにはジェシーがいるだろうに…
とりあえずどうやったらいいかなと宿屋で2泊くらいしてみたら船が完成していました。

ちっさ!!!!!!!

RPGツクールの人グラフィックと同じ大きさの船だよ!(笑)
でも5人(船乗り含)乗れたよ!感動的だ!!!

遂にを渡った一行!

運命を変える戦いにマキシムは挑む!!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(エスポリⅡ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop