風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エスポリⅡ) »エストⅡ体験記第壱拾回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エストⅡ体験記第壱拾回  

エストポリス伝記Ⅱ体験記第壱拾回です。
第壱拾回に到達しましたエストⅡ体験記!これからも色々楽しませてくれよ!
と期待しながらも結局遊んでるのは休日だけだ!進み具合は意外と遅い。

前回のあらすじ:さらばハイデッカ

デッカーソードの入手によりハイデッカとのお別れも近いなと思ってたら
まさかあんなお別れの仕方をするとは思いませんでした。
でも奴はあんな程度じゃやられないはず。いつかカッコ良くキメて
戻って来るんだぞー!!

ハイデッカがいなくなり3人パーティになりました。
ガイさんがようやく前列に立ったらやはり攻撃力の高さをアピール。
さて、最後の1人はいつになったら加わるんだろう?

と思いながら新しい街トレアドールにご到着。
ここにはレクサスという天才発明家がいるそうな。
そのおじさんなら海を越えるを?なんてことで町にいた人と
話をするとそのレクサスは研究所にいることがわかり直ちに向かいます。
ああそうか、最後の仲間の前にこのおっさんでしたか。

トレアドールの北にある研究所。ダンジョンではないな、と緊張感をほぐし
早速入りますが…扉が二つ

これはウルトラクイズですか??

と、とりあえず片方が落とし穴(だって入り口に地下=落下場所があったし)で
もう片方が先に進めるってやつだな!!行くぞ2分の1!!!!

バンッ!!!!



ヒューーーーー…

※沢崎のドベは運が非常に低いぞ!!気を付けろ!


予想通り落ちてました(笑)でもこれで正解はわかったのでそのまま先へ。

したら再び2択肢。


勿論外したとです


ああそうさそうさ、かなり直感というかやったもん勝ちみたいなノリです!
こうして確実に正解を見つけていった一行は「ようこそ」なんていう看板を発見。
明らかに怪しいので壁に生えまくってるツタを切ったら正解の扉発見。

でもせっかくだからわざと引っかかってみました

行くぜコンバット越前精神!(笑)
こうして3度も穴に落ちた後レクサスにご対面。
丁度船に乗せるエンジンを開発していたようで、忘れられない爆撃をお見舞いしてくれました。
その後目的(神を倒すこと)を話すとそんな事をする奴らがいるとは、とレクサスは驚きます。
そして自分も仲間に入れてほしいと言い出します。
ハイデッカの代わりとなるには少々力不足…いやなんでも
ちなみにこのレクサス、波動なるものを感じる機械を発明したようで、
ガデスの強力な波動なども感じ取れたらしい。むぅ侮れない。
そしてマキシムたちの波動も調べてもらうことに。

ガイさん、常人の5倍

セレナ、常人の8倍

マキシム、測定不能

スカウターが壊れんばかりの戦闘力だ!
やはり主人公の素質は計り知れないです。哀れガイさん(笑)

とりあえずエンジンを開発して船に装着させれば海も軽々と越えられる
凄い船になってくれるのですが、エンジンを搭載できる船があれば…
ジャッドの名前を出すレクサス。ああこないだ幻の木を探してた
無敵設定発動中の一般人な。

そんなワケでアレインに戻りジャッドにこの件を報告。
ジャッドとレクサスは互いの腕を認め合う変人なようです。
ジャッドに船を作るのを頼み、こちらはトレアドールで待機。
しようとしたら花売りの女性が街中で倒れそうになっていたので介護。
とにかく生活費を稼ぐために自らを省みず花を売っていたそうな。
え?名前、リーファ??エルファr(以下削除)おお懐かしい

彼女のために花の山に向かって花を摘んでくることに。
どうせ船が完成するまで時間があることだし、と。
しかしその山…

入り口の扉がボムで破壊しないと入れないってどういうことですか
彼女はどうやってここに入って花を摘んでたんですか


このゲームの一般人もかなり強敵のようだ。
ここで手に入ったのはハンマー。それもトンカチじゃなくて

モーニングスターみたいな。

フックの凶悪版みたいに遠くにある柱を押したり岩を壊したりできます。
このまま敵にぶつけたら戦闘もせず勝てそうだ。なんか強そうだし
これを使って柱を押してフックでかける杭への道を開けたり、邪魔な岩を壊したりと
今回はあまり苦労せず突破。途中土のカプモンとも遭遇。

だいこん戦士、その名は「だいこん」

すみませんデフォルト名忘れました(笑)だって大根じゃんお前、

なんかマンドラゴラみたいだけど

こうして先に進むと花が見えますがその前に立ちはだかる邪魔な赤い花
ボスのデビルフラワーです。
眠り攻撃がやらしいですな!(汗)前列2名が眠らされると攻撃が困るぞ!
こういうのはとりあえずに弱いのがわかってるので丁度ここで入手した
バーニングソードが活躍。あとフ・レアも。
さっさと撃破して花を入手。ホントにここまで来るんですか?リーファ…
もしかして彼女はエルフの火の勇者ではなかろうか。

トレアドールに戻り目覚めたリーファに花を渡すセレナ。
そしてこの花に名前をつけてほしいと言われます。考えてつけられた名前は
「プリフィア」。なんだろ、これ後でイベントとかに関わってくるのかな?
そういえば船はどうなったんだろう、とレクサスを捜すといいスピードで突っ込んできた

ちっさい船がありました。

ええまたしても人グラフィックサイズです。
ジャッドがレクサスの作ったエンジンを乗せて船を走らせてみたようです。
レクサスの天才ってのは船を沈めることに対してのことだったみたいですが今回は成功!
そしてジャッドは研究所で研究をする事になり、レクサスがようやくパーティイン!
歳のせいか(失礼)どちらかと言えば後列向き能力?でも魔法が使えるので
セレナとダブルで発射したりすると頼りになりそうです。
何より平均年齢をグッと上げてくれました(笑)
船に乗れれば行動範囲が広がりまくります、さあどこに行けるかな!

悲しみを乗り越え新たに加わった仲間!

海の先に待ち受ける運命やいかに!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(エスポリⅡ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。