風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エスポリⅡ) »エストⅡ体験記第壱拾六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エストⅡ体験記第壱拾六回  

エストポリス伝記Ⅱ体験記第壱拾六回です。
※ED内容含みます、ご注意ください!
また、ここに限り前作のエストポリス伝記のOPも含まれています。

今までの体験記の最高記録はルドラ壱拾六回
果たしてこのエストⅡはどこまでかなと思ったらクリアしてしまったという
なんとも言いようの無い展開を迎えたエストⅡ体験記です。
最後まで愛を貫く彼らの勇姿をその目に焼きつけよ!

前回のあらすじ:戦車に挑戦、そして強奪

ここだけだととてもじゃないけど世界救う英雄に見えないよ!!
グラッセ王国の戦車からエンジンを強奪拝借したマキシム達は
遂に飛空挺を入手、虚空島が浮かぶナルビクの村に急ぐのでした。

ナルビクがどうやら最後の町となるのか、装備品も最終形態
ただお店の人「地上最強の装備」とか言うなよ、自負しすぎです(笑)
神を崇拝するこの村の人々も、虚空島にいる四狂神は神なんかじゃないと怯えています。
ここもやっぱり長老に限る、と奥にある家に入ると長老がお出迎え。
そして3人の少女もやってきました。

何、ハーレム作ってるのかこのじいちゃん

…失礼、どうやら神に仕える血を引く少女たちのようで、
このナルビクがある島と、他の2つの島にある武具の封印を解く波動を
持っているらしいです。
どうでもいいけどここ最近「波動」がキーワードです。
そしてその武具を装備できる資格があるのはマキシムただ1人。
この少女たちと共に島の塔へ登り、
封印された武具を手に入れるのが目的になりました。

まずはリサという少女を連れ、ナルビクがあるシュマン島の封印の塔へ。
さて、最後の謎解きはどんなんだー!!と意気込んでいましたが

謎解きなどありませんでした

そうかそうか、もう終わりだったのか。まさか最後の謎解きが
グラッセに行くために(しかもイベント見るためだけに)通った洞窟だってのが…
フハ、なんか切ないぜ!!
ですが進行がラクになるのは事実。ちょっと立体的な構造になっていたので
たまになんか戻ってきてましたが(阿呆だ)宝箱も途中入手しつつどんどん先へ。
そして石版があるところへたどり着くと…なんとガデスが登場!!
わあお!アモンさんが強すぎて随分へちょに見えたガデスさんお久しぶりです!(笑)
ディオスとエリーヌがいる限り精神体の彼らは死なないとか…ギャース
で、勿論バトルとなるわけですが…

あら、本当に弱いわ

なんか破壊の衝動もさっぱり喰らいませんし、回復させられないカプモンは仕方ないとして
4人ともほぼ無傷で終了。でもやっぱり逃げられる。
石版とマキシムが共鳴し(例のぎゅるりんです)、神授の鎧を入手。
うおおおIPすげぇ…戦闘不能回復+完全回ときたか!
しかしリサはここに残る様子。他の塔にも少女が残り、波動を3つの塔から発して
虚空島の気流を無くすためです。それはヘタすると彼女たちの命も…
世界のために命を賭して戦う者がまた1人。

リサを置いて次はマリエルを連れて北東にあるストラーダ島の塔へ。
敵はいるものの、アサシンのような突っ込んで来る敵もおらず
(あ、大入道はちょっと接近してきたかも)
LVもそれなりに高いのかあまり苦労しないでどんどん先に進みます。
ここではアモンがいました。混沌の神だけあって本当に混乱攻撃が…

混乱して本気で殴りかかってくるガイさんほど怖いのはありません

やめれガイさん!!(汗)金切り声(混乱回復)喰らえ!!
勝利してもやはり逃げられます。しぶとい奴らだ
ここでも石版と共鳴し、神授の兜を入手。

そして、最後の少女クレアを連れて最後の島、カミーノ島へ。
ガンガン行こうぜで突き進むと来たぜディオス!!
しかし圧倒的な波動に吹き飛ばされる4人。いやどうすんのよコレ
ですがマキシムの波動が急激に強まり、デュアルブレードが持ち主を
マキシムと認めたみたいで、焦るディオスはこれまた逃げ出します。
ここの石版から神授の盾を授かり、遂に最強装備となったマキシム。

しかし虚空島がどうやら動き出そうとしているみたいで…!!
クレアはすぐに他の塔にいるリサとマリエルに心を通わせ、強力な波動を作り出し
虚空島の動きを制御しようとします。…行くなら今しかない!!
しかしその頃虚空島ではディオスがアモンと何やら会話中。
なんと船を壊したとか!さっすが頭いいな!!敵ながら天晴れだ。

つかコノヤロウ

壊されたからには直してもらうしか!とポートラビアのレクサスの元へ。
修理してもらっている間マキシムは急にセレナを連れて研究所の外へ。
何事かと思えば、マキシムはセレナの身を案じているようで、ここに残るよう
言おうとしましたがそれ以上言うと軽蔑する、と強い口調で反撃のセレナ。
最後まで、どんなことになろうともマキシムと共に戦い、そして一緒に
ラルフの元へ帰ろう、と再び愛を確認する夫婦。
そしてそんな様子を見ていたガイさん&聞いちゃったからしょうがないじゃないのアーティ。
ガイさんにもジェシーがいますが万が一な事があったら地獄の果てまで
追っかけてきてケンカしそうだ、と言うガイさん。
真実の塔で鏡に映らなかったのはどうしてだろうね(まだ言う)

その後、修理してもらい早速出発…と思ったらなんと町にモンスター!!
どうやら奴らがここにマキシムたちが来る事を予測していたようです。さっすが…
じゃねえじゃんどうすんのよこれ!!
最後の戦いの前に体力を消耗するわけには…レクサスは役にたたんし
しかしここで突如現れたあの男!

来たーーー!!ハイデッカ!!!

やはりあの男は生きていました。つかからやって来たけど何に乗ってるんだ!?
クジラというか海の生き物に乗って登場というハイデッカやっぱアンタ最高!
剣の次に死なないことが得意だという相変わらずお馬鹿な発言に本物だと
確認したセレナとガイさん。正直アーティは誰だこいつ的心境だろうか。
そして町にはこびる敵共をハイデッカにまかせ、4人は船に乗り込みました。
虚空島にいるディオスもそれに気付いたようで、虚空島から破壊光線で船を打ち落とそうとします。
うおおお操縦とかでかわせよ!と思ったら直撃!?
…と思ったら第2形態を用意していたみたいで、突っ込む状態で着陸。

ここが、最後のダンジョン…虚空島
きっと謎解きも無い。あるのは四狂神との戦いだけ。
…あ、セーブポイント無いや。一体どこからセーブしてないんだろう?
つまりやられたら最後、結構前からやり直しになります。これは油断できません。
虚空島の神殿内をミラクロースばかり拾いながら先へ先へと行くと

まずはガデス!!お前さっきと同じだろ!どきなさい雑魚が!!!
↑1行で蹴散らしたボスはあんまいないぞこれ(笑)

IPを増やすにはダメージを食らうしかないので、ザコ敵がいないここでは
節約して戦おうと思っていましたが次のアモン戦で気がつきました。
これ、バトルの度にIPMAXになってるわ
ひゃっほーう、これならマキシムがデュアルブレードのIP使える!
デュアルブレードのウェーブモーションは凄すぎます。
自分のHP・MPを完全回復に加え自身の能力UP。1000ダメも軽い!
アモン戦では相変わらず混乱に苦しみますがマキシムだけは装備品のおかげか
混乱しないで済みました。そりゃ能力上がった状態で殴られたらたまりません。

アモンも倒し、次は…エリーヌ
真実の塔で正体を現した殺戮を司る神。しかし、裏ではアイリスとして
マキシムの旅を導いた謎の行動が多き女性でした。でもここでは敵。
名乗るのに少し戸惑ったエリーヌでしたが、何も語らず戦いへ!
そしていきなり殺戮の波動でアーティが倒れる!!やばい!(汗)
死亡攻撃は一番怖いです。ですが運よくその1回しか使ってこなかったので
あとは反撃して攻撃しまくりました。いや即死マジ怖いわ…


最後はディオスのみ!!いよいよラスボスとなりそうです。
いよっしゃーーー!!と突っ込む4人。
って曲四狂神のままなのか!(汗)確かにこいつも四狂神だけども。
やはりラスボスだけあって強い強い。波動は今までよりもずっと凶悪。
混乱も毒も睡眠もなんでも来い!ギャー
ですがやはり神授シリーズのおかげかずっと立ち続けるマキシム。
途中守りのシールドIPで作ったら回復魔法も跳ね返すというハプニングで
数ターンマキシムはHP2ケタで生きてました。これ後世に伝えちゃダメだよ!(笑)
そしてガイさんがとどめさしちゃいました…(笑)


これで終わった、かと思いきや倒したはずの3人の残留波動とディオスの波動が
4人を包み込みます。どうやら巻き添えにする気です。
4人も波動をマキシムに合わせ、力を増して波動同士の衝突
みんな見事に吹っ飛びました。うわああ派手だ!
四狂神の姿は消え、どうやらこちらの方が勝ったようです。

そう、勝ったんだ…

マキシムは近くに倒れていたガイさん、アーティを起こし、
そしてセレナの元へ…。


しかし…………


セレナの体は先ほどの強力な波動で貫かれ、そして…

「もう一度あの子を抱きたかった」

息絶え絶えに彼女はそう言い…………
その時、足場が崩れだし、マキシムとセレナ、ガイさんとアーティと
4人がバラバラにされてしまいました。どうやらここも崩壊してしまう
みたいです。スイングで脱出できそうですがスイングを使えるのは
アーティと、そしてマキシムの横で眠るセレナ。
アーティのいる場所からマキシムたちを連れて行くことができず、
マキシムは2人に戦いが終わったことを地上に伝えるように頼み自分は
セレナと残ると言い出しました。まさか、お前も…!
ガイさんは覚悟を決め、アーティと共に脱出しました。




















崩れる神殿に残されたマキシム。
そこへなんとディオスの影…!!パーセライトにこの虚空島を落とすとか…!!
しかし今のマキシムには何もできません。今度こそお陀仏なのか!?
ディオスが消え、消沈しかけているマキシムの所に今度はアイリスが現れました。
しかしアイリスはエリーヌ。マキシムも先ほどの戦いで気付いたようでした。
エリーヌ殺戮を司る神。でも今までアイリスは命を落とした人々へ
祈りを捧げていました。彼女の真実の姿はどちらだったのでしょうか…
虚空島をパーセライトからそらすには唯一つ。
地下にある3つの魔石をマキシムの波動で破壊すること。
しかしそれはマキシムのを賭してできること。
ですがマキシムは迷わず決意します。
パーセライトには愛するセレナとの子供、ラルフがいるから。

地下へ走り、魔石を見つけては波動で破壊するマキシム。
その度に言う台詞は、段々と弱弱しくなってきました。
あ、ごめんもうダメだ。この辺で泣けてきた
そして最後の一つ。しかし流石にマキシムの力も少なくなってきて…
その時デュアルブレードが浮き上がりました。力を貸してくれるのでしょうか?
マキシムは全ての力を振り絞り、叫びました。
「オレの最後の波動を受け止めてくれ、デュアルブレード!!」



これで、パーセライトにこの虚空島が落ちることは無くなりました。
しかしマキシムも力を使い果たし、彼の身体もまた、セレナと共に
となったのでした。
そしてその2つの光は、仲間たちの戻った町の上空を流れていきました。

エスエリクトに戻ったアーティは、どうやら目をケガしていたようでした。
しかし、それくらいのことでは死なない、と。
そしてガイさんがタンベルでパーティをするからおいで、と女の子に声をかけます。
ポートラビアに船を修理してもらっていたあの時、戦いが終わったらパーティしようって
言ってたもんな…!!(涙)

ガイさんはタンベルに戻り、ジェシーとヒルダが待っていました。
2人にパーティをするんだ、と言い出し用意しだします。
マキシムとセレナは?と聞く二人にガイさんはもうすぐ帰ってくる、と言いました。
ガイさんアンタって人はぁぁぁぁ!!(号泣)

一方、やはり1人でモンスターを蹴散らしたようで城に戻っていたハイデッカ
彼もまたマキシムとセレナが帰って来ることを信じていました。
マキシムは自分に次ぐ世界で2番目に強い男だから、と。
ハイデッカ、ガイさんは3番目になるのか??

レクサスもポートラビアでパーティに行く用意をしていたみたいでした。
本当におっちゃんには世話になったよ、戦闘よりイベントの方で。


そして……エルシドにいたのはティア
彼女は涙を流していました。あの2人に何が起こったのかは知らないはず。
でも、泣いていました。
マキシムに泣かないで強くなるんだと言われてから涙を流さなくなったティアですが
ハイデッカにいつか泣くときが来るんだとも言われていました。
それが……今だった、と。
店番をしていた女性はティアに涙を全て流して元気を出して、と励ましていました。
もし、もしティアがセレナの代わりにマキシムの隣で戦っていたら。
一体どうなっていたのかな。


最後に2人が訪れた場所。

パーセライト。

愛するラルフの元へ。

もう抱きしめてあげることも、なでてやることもできないけれども。

ラルフはまるで光となった2人がいるのがわかるかのように笑っていました。

そして、2人は空高く、昇っていったのでした。



それから90年後。
再び、
伝記は語られる。


~エストポリス伝記Ⅱ THE END ~



うおおおおおおお!!(男泣き)
マジ何すかこれ、モロ泣ける!!なんて切ないEDなんだ…
でも白状させてください。
実は2人が死ぬことはわかっていました。
わかっていて、今まで彼らの旅を見てきました。だから切なさが倍なのかもしれません。
ですがこの作品、かなり好きです。システムもかなり上手くできていますし、
シナリオも笑いあり涙ありなものが多くて…
確かにパクリの名人だとかそんな言葉も聞きましたがそれを越える
仕組みに発展させていると思います。
実はこれ、エスト1に繋がっているので次は1をやることにしています。
その前にもう少し、やり残してきたことをしようかな。
それに、「もういちど」ができるみたいですし。
それでは最後に彼らの勇姿を……。

マキシム:LV67
ガイ:LV67
セレナ:LV67
アーティ:LV61
カプセルモンスターは鳳凰でした。

長くなりましたがご覧になってくださりありがとうございました!!

忘れた頃に追記!クリアデータの写メも載っけておきます。
  

←前の回へ     体験記目次へ      新境地へ→

category: 体験記(エスポリⅡ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。