風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 特別体験記(星みる) »星をみるひと体験記 第弐回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

星をみるひと体験記 第弐回  

「星をみるひと」体験記第弐回です。

気分では進んでるつもりだけど実際さっぱり進んでいない星をみるひと!
第弐回となる今回も進み具合が非常にわかりません。誰か判決をくれ。


前回のあらすじ:らぐらんじゃを求めて3千里

すみません3千里というか素直に申し上げれば2時間なのでした。
とりあえずこの付近では最強の武器、らぐらんじゃ(どんな武器かは不明)を買い
ひとまずこの辺に敵は無いみなみ!さあさあいよいよ始めましょうぞ!


…とそういえば前回お話していたパスワードの絵文字。
四角の中にモンボ入ってるんじゃないの


これがらしいです。なんでこんな形に??
他の文字と似ていて間違えそうってならわかるけどQにあるかなそんなの…
何にせよ、上手く撮れてないのがまず終わりだと思います。おもさげない。

では、気を取り直してパスワードをボチボチと入れてスタート!
それにしても面倒くさい入力だ、ボンバーマンのたった4つしか入れないパスワードが愛しい。


んで、相変わらずスタート地点は例の場所でして、
ここから北に向かうと前回の次回予告(あれ予告だったんか)にあった村らしき場所が。

画像をご覧になった方の8割が村でないと直感するに100ペソ

4つ何かグラフィックがありますが入れるのは右下の建物とおぼしきものだけです。
あとは?それとも廃墟
とにかく中へ入るとここも後半フレーズが戦闘BGMな曲がお出迎えです。
ここはりんすきん病という病が流行っているらしくて…ってみなみはうつらないのでしょうか(汗)
どこのレビューサイトさんでも見かける台詞

これをご覧になった方の9割9部9厘
なら寝ろよ
と思うに100ルピー。いやそんな状態なのにランダム歩行しないでください。
でもよく考えたら今まで2つの村見てきたけど
ベッドはおろか机すら無いシンプルな作りなので雑魚寝しかできないんだな。
ここでなんか重要人物発見。
お前が獅子だったのか!!!

どうやらみなみをあーくCITY(サイキック狩りとかで色々危険だった場所とこちらは勝手に思い込んでいる
から連れてきてくれたようです、そして…
獅子の如く崖から突き落としてくれやがったみたいです
みなみは記憶喪失らしいのでもしかしたら逃げる途中ではぐれたとかそういうのかも
しれませんが感動の再会は「大きくなったな!」でした。
スタッフの手先だと断定。
怒りに腕をふるふるとさせながらも話を聞くとESP能力を持つ仲間が南の地下に閉じ込められているとか。
そうか、これがしばの情報なワケだな。
もう少し話を聞くとこの病気はとある薬があれば治るらしい。
それはあえ、るく、えくの実の順に調合すればできる………

そんな実、知らない

なんてこった、と情報収集開始。するとの中にあるどっかの木に実ってるらしいです。
この木何の木木になる木

これ木だったのか
なんかブルーベリーみたいだと思ってました。つか青いのは何ですか、頼むよH○T-B。
ちなみに、こんな所に人がいます。
じいさーん、どこさ行くんだよー

どうやって行くかというと、ただ十字キーを押すだけ
これがESP能力の「じゃんぷ」みたいです。これで川とかも飛び越えてます。
意外とこれ斬新で好きかも。あ、ちなみにみなみの得意ESPはぶれいくでして、

硬そうなブロックを一撃で広範囲にわたり破壊できました

ふらっかを素手でスクラップにして金銭取れる理由がわかったとです

以上、突っ込みばかり入れるわけにはいかないので
星をみるひとのちょっと面白いシステムをお送りしました。


とりあえずまむすの村るくの実を発見。他にもやむの実があったので頂戴しておく。
でも他には無かったので北の村、でうすでも探してみるとあえの実
でもえくの実が見つかりません。なのでまたしても文明の機器で戦う。
するとこの先にあるダンジョンっぽいところにあるらしいのでひとまずここを去ります。
勿論移動先はスタート地点

なんかここに愛着が湧いてきた

そしてでうすの村も越えて行くと、なんか突然画面が変わって茶色い地面のダンジョンに。
辺りを探すと確かに実が付いてそうな木を発見。そこでようやくえくの実を発見。
そして更にうろつくと「ぴこっ」という音が。
LVUPでさえ効果音だけのこのゲームです、きっと何かアイテムを見つけたに違いない。
と探してみましたがよくわかりませんでした。なんてこった


まむすの村に薬の調合をできる人がいるので早速薬を作ってもらいました。「あいむ」
それを持ってでうすに入るとどうやら治ったみたいで礼を言われたり。
………それだけかぃ
ちなみにこのあいむ、手元から離すとまた村人は病気になるそうです。か、解決できてねぇ…!


とりあえず次はしばを仲間にしようと先へ。さっきえくの実を手に入れたダンジョンは
なんとまむすの村の如く透明グラフィック散りばめられているそうです、カオス。
なので場所を特定するのも大変らしいですがこちらは
文明の機器と共に戦っているので(それきっとズルだよ)
ヒントを得ています。右側の海沿いを歩けば大丈夫らしいです。
確かにグラフィック見ればじゃないですもん、端っこ。


こうして見つけたとある地点。
下の溶岩じゃないのか

ここの入り口よりすぐ下の赤い床が気になります。まむすにもあったんだよな…
なんかダメージ受けそうです。どことなくそんなイメージありますが

このゲームの事だから世間一般の常識が通じないような気もします

とにかく中に入って上の方に歩くと謎の物体が。
入ったら特殊パーツもらえそう

発電機だったそうなので動かしてみる。
でも中に入ったら博士の特殊パーツもらえそうな気がした(ロックマンXですか)
あとはー…と遠くにある入り口に入るとフィールドへ。あ、ここはきちんとこのダンジョンの入り口です。

…なんで出入り口がダンジョンの初期位置にある入り口じゃないんだ

やはりこのゲームに常識は通じない、恐ろしい奴だH○T-B。
なんかツクール場所移動のリンク先間違えたみたいなノリだけども。
LV0じゃ何もできないよね

とりあえずうろついてしばを発見、すぐに仲間になってくれました。
捕まってるとかいいながらもボスがいるわけでもなく、あ、いないんだっけかこのゲーム。
きっとさらまんどが怖くて外に出られなかったんだな。
こうして2人になり、自分をあーくCITYから連れ出した男の下へ。
しばの話のあとしばを連れてまた来てくれと言ってたのでして。

よぅし、しば2人であのおっさんを倒すぞ

…冗談です、でもこうなりました。
あまりにあっさりしすぎて殴りたい

あ、さっきの本気にしていいかしら
なんだよお前オレの何なのさ!スタッフの手先め!ふぁいああろー使ってやる!(涙)
あまり台詞に感動的文章は無いようです。そうだと学習しました。

次の目的地はあーくCITY。自分が逃げ出してきたところですが、もう舞い戻るとは。
でもその前にしばのLV上げ。とりあえずくらいはほしいなぁとボコスカ。
ちなみにこのゲームの攻撃力武器に依存するのですが依存しすぎて

話が進むと全くダメージを与えられなくなるそうです。

オイラはらぐらんじゃを買いましたが実は一番安いれいがんを買うとかなり戦闘が苦しくなるらしくて…
なお、装備を外すなんてコマンドどこにもありません、
新しいのを買ってあとは使い捨ての如くポイです。
らぐらんじゃもその内使えないんだなと思うとあの2時間が非常に悲しくなる刹那の思考。
というわけで武器を安易に与えられないとか。素手なら0~3のランダム攻撃ですし。
しばには素手で我慢してもらおう、と戦闘を繰り返すと…
でっかくなっちゃった

みなみ、第弐形態。
成長したみたいです、あともう一つ大きくなるらしいけどLV6でひとまず進化。
能力には差異無し。ただ、大きくなったな、みなみ!的感動を覚えます。
しばのLVも5になりました。そろそろ次に進めそうです。

ようやく会えた同胞、しば

彼と共にみなみは全てを知るためにあーくCITYへ向かう!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 特別体験記(星みる)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。