風林ノ草庵 ホーム » 特別体験記(星みる) »星をみるひと体験記第六回

星をみるひと体験記第六回  

「星をみるひと」体験記第六回です。
※ED内容含みます!ご注意下さい!!

いよいよ最終回!今までの体験記で一番短いけど一番疲れた気がするのは気のせいだろうか。
しかし最後は最後!ラストにパスワードもこっそりのけつつさぁ行くぞ!


前回のあらすじ:ばーすとのうともっこし

物凄いインパクトがありましたな、こいつら(笑)出る度になんだかうろたえる。
LVも十分に上がりまして、いよいよ新たな惑星を目指すその真意が明らかに!

曲も一新しまして

ここがとりあえずラスダンだと思われます。早いね。トレGにも負けない。
前回はとにかくここをうろついてLV上げをしたのですが今回は一気に突っ込みます。
しかしこのLVになっても相変わらず敵の装甲は固く、そしてESPの燃費が悪い。
つまり戦いの連続こそ危険なところでして…(汗)
しかしそこはH○T-B、やってくれた。
めり込んでる

壁すり抜け~。
でもこのまま端に行こうとすると別のところに飛ばされます。わかっててやったのかH○T-B。
とにかくこの壁の中だと敵が出ないというとってもありがたい効果。
なので次のエリアへの扉まで壁の中を歩き、扉にさっさと入ってしまえばいいのだ!
でもその壁から扉までのたった1歩で敵が出る。
世の中甘くは無いぜと言うつもりか、H○T-B。
こちらだって前回薬を作ってさいこ力回復らどくりふだって持っている、
最悪の事態になってもどうにかなるはず!とフンフン進むと…
着いたと思いきやの事態

おお!ここが最後のところかー!と行こうとすると…
ブブー(押し返される)

何 事 ぞ

なんだかあの反応、前もあった。カードが無くて入れ無かったときのだ!

つまりここに来て大事件

何かのフラグを立て損ねている

うわぁー!このドベちゃんマンが!どうしてここまできてこうなるかなぁ!
とにかく思い出す、何かイベントを起こし損ねていないか……

かつまたいさ

しばを仲間にしたあと、あーくCITYかつまたいさに会えと言われてました(汗)
ってあんなスタッフの手先の奴に言われたことなんて覚えてられるか!(逆ギレ)
しかしあり得るのはそこのみ。ひとまずここをじゃんぷ登録して(こっくぴっとというのか)
まむすへ踵、その後かつまたいさに会いにあーくCITYへ。


行政区だっけ居住区どっちだっけなぁー。と先に入れる行政区に行くとおりました。
殴りたいね

普通に話しかけるとこうなります。
みなみ、さいこふぁいなるLVMAXで打っちまいな!!
普通に話しかけてそっけない返事されるときはてれぱしに限る、と
それもそれで

なんとも自己主張の激しいおっちゃんだこと
でも何度てれぱしをかけてもこの通り。どうやら他にもフラグがあるのかと探すと
情報屋なる男がおりました。お金を取られるみたいですがLV上げでお金はそれなりに
持っているのでバンバン払って聞いてみると仲間の話(あいねとみさ)が出てきて、
その後ようやくかつまたいさに話してみなとのこと。
本当かよと話しかけてみると…
これか!って始め払ったの意味無ぇ!

情報屋とグルだったんだなテメェ
あいね、ばどてれぱしでこの2人同士討ちさせろ!!
とりあえずかつまたいさからごーるどかーどをもらいました。
これで先ほど追い出された所も行けるはず。戻ってじゃんぷで早速行くとやはり行けました。

やっぱり癒しだね

あふん、カワエエ
和むね、ラスダンなのに

こっちもカワエエ
って話通じてないってば!近くのガイコツにてれぱしで話を聞くとやはりこいつらにもてれぱし
実は偉そうな態度であった

癒 し 崩 壊
い、いきなり偉そうだなアンタ、イルカの分際で…ってこいつらがくるーすり!?
こいつらは改造された知的生命体、その集合体くるーすりということだった。
んでこのイルカは別の部屋の、と偉そうに仰っていやがります。そんなのどこさあったよ!?
仕方なく再び踵を返してうろつくと見たことの無い扉があったので先へ進むとらぼらとりー
見つけるのに10分かかった

ここにもイルカとシャチがいるのでてれぱしを…って水の中央に行くな!話しかけられねぇ!
そして間違ってじゃんぷぴょい~んと飛び越す(笑)
あれこれ話を聞く。んで箇条書きにまとめる。

・イルカとシャチは新たな惑星「あくあ」を目指している
・そのためにサポートしてくれる存在としてサイキックを探していた
・イルカはサイキックに友好的、シャチはサイキックが人間に迫害されたので人間と共に不信を抱く
・「あくあ」には既にサイキックがいる、でも人間が住むには適さない環境


うまくまとまっているようでまとまっていない台詞集。
話を聞いたのでこっくぴっとにじゃんぷで戻ると、今度はサイキックの代表にふさわしいのか
また話を聞いて来いという始末。ま、またらぼらとりーに行けとな!?
でもじゃんぷ登録してるのであっさり行けます、すまなんだ
一体どこにフラグが、なんて話かけ続けていると出ました
その二つ…

イルカはシャチを置いていこうと思っているらしいのでどうやらサイキックだけと共に
あくあへ行こうという提案をしている。それを受け入れるのか、それとも
自分たちで新たな星を探すのか。
あんまり顕著じゃなかったけどみなみ達サイキックは迫害されているらしいので
どちらにしてもここを去らなくてはいけない運命のようだ。哀れ若きサイキック。
その選択を、どちらか…様々な想いを抱き、こっくぴっとへ…。


3つ目はギャグですか

2つ言うたじゃん
新たに「たたかう」とか増やしやがって!押したくなるじゃないか!
でも本当にあれこれ考えました。
あくあには仲間たちが待っている。
でも、いくら自分達をサイキックだと気付かなかったとはいえ
色々世話してくれた人間を置き去りにしていいのか?

どうするんだ、みなみ?

しばが、あいねが、みさが、みなみに全てを託した。

そして、みなみは決断を下した。








































よろしい、われわれとあたらしいせかいを、きづこう。





hosi-ed.1.jpg

hosi-ed2.jpg

sayonara-hosi.jpg

みなみたちは、イルカたちと共に新たな惑星「あくあ」へ行きました。
最後に出てきた「END」の文字。彼らの旅は、終わったのです。
…一つだけいいか、H○T-B。
またかよ

こう(築こう)じゃないんか
相変わらず誤字が素敵すぎるぜH○T-B。
…この画面のまま、何か変わらないのかなとを押してみると…
原点回帰

??

ま、まさか…これ普通にタイトル画面!?スタッフロールも無しに終わりかよ!

すんごい終わった気しねぇぇぇぇぇぇぇ!!!

星をみるひと END



ふはぁ、終わりました。シナリオの長さ的には結構短い気がしますが。
確かに歩くのが遅い戦闘バランスメチャクチャだし短所が目立ちますが
ESPのLV調節とかフィールドでのESP使用とか斬新な事をしてるなと思いました。
だから完璧にクソゲーとまでは言えなくなっちゃいました。寧ろ支持しちまうかも。
敵グラフィックもSFチックにメカっぽいのもいればもっこしみたいな妙なのもいて
味があったような(笑)夢に出そうだ、何か。

結局人類がどうなったのかはわかりませんでした。
人類とサイキックは別なのかももうゴチャゴチャしてわからん(汗)
無論、エスト2同様EDはわかっていたんですけどね…でもあくあしか選べなかった。
本当は人類のために「たたかう」を選択したかったんですけど、短い間でしたが
共に旅をしたみなみ達を瞬殺(←ポイント)させることができなかった。
お墓デビューしてからかりうに怯えつつまむすに戻っては回復して、しばに会って
らぐらんじゃが効かなくなっててれぽーと地獄を繰り返して居住区にたどり着いて、
その後あいねを鍛えて今度はみさを仲間にしにかーど集めから始めて、
さんそぱいぷを拾って宇宙に出てからもまた敵の驚異に怯みつつもなんとか戦って
LVを上げて、最終的には壁の中を通って行ったけど
本当に小さかったサイキックたちは成長した。そんな奴らに愛着が湧いたのでした。
他のRPGとは違う、敵>主人公の関係が強いこの力量差を翻したときが何か楽しかったです。
あ、翻せたかもわからんけれども(笑)ESP無しじゃ絶対勝てないし。
ありがとよ、H○T-Bボロクソに文句言ってたけど楽しかった。
あと写真ベタベタ貼ってすまねぇ(今更言うの)
最後に、オイラが育てたみなみたちのデータを残すぱすわーどをここに。白塗りしときます。

テLARイ Qかラロカ (C)QまPY シきほSQ シぬぬPL シらへIV シ

(C)はコピーライトのアレです、Cの囲い文字。こんなんパスの文字に入れる辺り
やっぱりどこまでも侮れないぜH○T-B!

もういないんだけどね…


以上、星をみにいくひと体験記「星をみにいくひと」を終了いたします。
長々とご覧いただきありがとうございました!!かりう!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 特別体験記(星みる)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop