風林ノ草庵 ホーム » 体験記(BH) »BH体験記第弐回

BH体験記第弐回  

バーニングヒーローズ体験記第弐回です。(リュウ編)

やーやーやー、沢内村公民館からやってきた攻略本を説明書のように
扱いながらバーヒロ進行中でまだ第弐回。前回は短かったからその分
今回は長く…できるかと思いきやちょっとした罠があったりした。

前回のあらすじ:解雇、雇用、心の狭い人だ

途中メンバーを入れ替えたりしましたがとりあえずもう人事異動は無しで。
リュウ、バーバラ、ダン、リーザ、キッドの5名で挑みます。
前回水の都にてアクアクリンを取って都の水をどうにかしてあげようと
旅立つ直前で終了していたのでそこから開始。


古の参道に着き宝箱を物色しながら山頂へと向かいますが
それにしても敵の攻撃がメチャメチャ弱い(笑)
たぶん、装備を揃えるために敵と散々戦い合ってLVが上がってる
上に装備によって防御が上がってるせいかと。
だけど相変わらず謎の現象「バシッ」により攻撃が無効化されることも。
エルファリア2でも同じ現象があり、こちらも発生条件が不明なんですが
バーヒロのこれは魔法までも無効化する時があるんだからたまらない。
また、主人公だけコマンド入力できますが仲間は全員オート
なので魔法が効かない敵に魔法を使いまくるダンの暴走
止めることができない始末。やめろ、お前はクリフトか!!(笑)
命令ができないのでカプセルでのMP回復は必至だろうな、うん。
あとステータス異常の一つ、石化も謎が多い。
普通のRPGでは回復できる即死扱いなんですけどここの石化は
石になっていようとバシッができる不思議な現象。

え、お前メッチャ動いとるやん一体どこを石化されたt(以下略)

しかもよりによってこの時点でまだ回復できる手段無いとかうわぁ。
しかしマヒといい石化といいなかなか登場が早いな…。

という感じで若干苦労しながら頂に着くといきなりセーブポイント
どうやらボス戦があるんだなと読んで回復、んでセーブ。

数歩歩いてエンカウント。

やめろーっ魔法使うなダンーーーーッ!!(涙)

あいつが速いのか他が遅いのか意外と先制しやがる。
てっぺんでは他の主人公、ナーガが誰かと対峙しておりました。
何事かと思ったら目の前でそいつが変身、怪人となってしまいました。
どうやらこいつのせいで水が汚染されていた様子。
こいつを倒すのかなと思いきやナーガがこの怪人の相手をするようで、
その間にアクアクリンを持ち帰れと言われヘイヘイと探しに。

頂にあったほこらの奥でアクアクリンを手に入れましたが
そこに突然の乱入。ロウガという男でした。
奴はリュウが旅立った炎の都にいたリチアという女の子の兄貴。
妹の病気を治すためアクアクリンが必要だからよこせと迫るロウガ。
しかし水の都の人々の命も関わっている。
意見が真っ向から対立しここでバトル。あ、ボス戦初めて?

だが5対1はあまりに酷い。

ダメージを受けてもリーザがすぐに回復しあとは全員でフルボッコ
あっけなくやられてしまったロウガに寧ろ同情したい(笑)
倒れたロウガに自分勝手な行動を責めたリュウでしたが、
いきなり入り口から光が放たれロウガが吹っ飛びビックリ。
直後リュウにも直撃して油断した隙にキリーという人物に
アクアクリンを奪われてしまいました。なんて上手くいかないこって!
思わず後を追いましたがここはひとつ、ロウガに声をかけてみようと
戻ったら既にいませんでした。また後にも対立しそうだなぁ。
また、頂で怪人と戦っていたナーガもおらず、参道内でキリーを
見つけることもできずしょんぼりとして水の都へ戻ったのでした。


領主に全てを話すとキリーが星の遺跡へ向かった事を知り
船を借りてアクアクリンを取り返すことを約束します。
ちなみにキリーは泳いで遺跡へ向かったとのこと。
どこの聖剣3のケヴィンだよあいつは。
準備をしていざ船へ乗り込み星の遺跡へ。

所要時間わずか数秒

た、確かに泳いで行けるわ…(笑)
さて、遺跡に到着し早速中へ、と思いましたが謎の黒ローブの人物が
いたので話しかけると竜を召喚する力があるのかと聞かれ素直に
はいと答えると人間侮れねーみたいな事をほざきました。

おい、そのフードめくれ、絶対どっかのボス

ちなみに竜というのは相手の恐怖心からなる姿らしいです。
でもこないだ召喚したらメチャ可愛かったんですがこれ如何に。
↑LVが低いとしか言わざるを得ない!


閑話休題、遺跡内は若干荒れてましたが人の気配は無く、
そりゃダンジョンですからボスはにいて当然だよなと先へ。
開かない扉は戦士として認められたら開くようなので一旦無視。
するとある部屋でいきなり戦士として認められるための試練開始。
ガイコツの魔道士「ファンテイマ」とバトル。
こいつは炎の魔法で単体も全体も攻撃してくるので厄介でしたが
こちらには回復魔法を2人も使えるので回復はまかせてひたすら殴打。
倒すと先ほど開かなかった扉が開けられるようになったので先へ。

するとキリーが黒い鎧の男(黒仮面)といました。先制攻撃をするリュウでしたが
あっけなくキリーに打ち返され、名を聞かれたので答えると
黒仮面が何故かうろたえます。そしてもう一度攻撃をすると
黒仮面の仮面が取れ、素顔が露に。ですが、その顔は…

リュウの父親、アダムでした。

リュウもキリーも驚きますが、黒仮面ことアダムは自分はもうアダムではなく、
全てを捨てた黒仮面だと名乗ります。しかしここでキリーの態度が豹変。
先ほどまで仲間っぽかったのがいきなり敵対。黒仮面ではなくアダムに
恨みがあったみたいで、黒仮面はキリーの猛攻に身を引きました。
こりゃキリーに味方フラグ立つかな?と思いきやこちらにも襲い掛かってきたんで
本日2度目のボスバトルへ。……って

キリー女性ですか!?

なんか、なーんかふくらみがあるし、ダメージ受けた時のリアクションが
妙にナヨナヨしてるし。だが一人称は「オレ」だ。どういうこった。

とかそんな事を気にしてる場合じゃなくて!(笑)とりあえず倒すと
キリーはかつてアダムと共に戦った仲間だったと告白。
しかし有名なのはアダムだけ。キリーは手柄を独り占めしようとした
アダムに殺されてしまったという。す、すっげぇ英雄…
その後ある博士により怪人として生まれ変わったキリーは
アダムとその息子であるリュウに復讐しようとしていたようでした。
自分の父親のせいでこんな姿になってしまい、更に自分を守るためとは言え
結果的に倒してしまった事を悔やむリュウでしたが、キリーのためにも
あの糞親父をぶっ倒すと誓うのでした。

……キリー、たぶん男だよな(再度確認するな)

次の場所はカイザナーブ地方。黒仮面を追いかける旅はまだ続きます。

「第2部 滅亡の明日」

! ?

おま、複部構成なのかってか早!!
いきなりのテロップに動揺しつつもカイザナーブ地方、潮の町に到着。
まず買い物がてら情報収集をすると黒仮面は忘れの島へ向かっている事が
わかり、そこへ行くにはまず青の道を通る必要があるみたいです。
買い物もしますがやはりお金が途中で足りず。
はぁ、こりゃLV上げついでに集めるしかないな。…と、お店に隣接した酒場に入ると

こないだ解雇したロックが。

うわああああぁぁぁぁっ、う、恨まれてるぅぅぅぅぅぅぅ!?

おそるおそる話しかけますが初対面と同じ台詞。どうやら再雇用も可能な様子。
だけどまずこの面子でいいかなと断ってスネられる(笑)


さて、それじゃお金貯め開始しますか。と外へ。
ここで戦闘を重ねながら陣形を色々試してみました。
とりあえずわかった事は陣形で攻撃力がかなり変動すること。
H型のサンダーライトフォームは何故かダンの魔法の威力が格段に上昇。
A型のリュウガイアファイナルではリーザの攻撃がバーバラの威力を超える事態。

あとが出て攻撃する割にバシッされるのは何故なのか。

あとバシッの発生状態はH型が多いのは気のせいか。

結局全部わからないまま終了。

とりあえずサンダーライトでダンのストーンレインの威力が一撃必殺並なので
こりゃあいいなとしばらく稼いでいましたがここで事件。

新しい魔法を習得したらそれがメインになりがちに。

ちょ、石化魔法使うな!使ってもバシッするし敵!
せめて使う魔法のON/OFFくらい決めさせておくれ!
仕方が無いので攻撃型陣形を組み再開。全員分の装備を買いましたが

750Gゴールドヘルム>2000Gゴールドフード

という防御力の違いに呆然。何がどうしてこうなるんだ!!
フードは魔術師キャラ用、兜は戦士キャラ用みたいですけどね。
とりあえず、装備品の防御力については攻略本という名の説明書
読んで確認するしかあるまいよ。
これにて次へ進む準備は整いました。さあいざ行かん青の道!

父の野心を打ち砕くためリュウの旅は終わらない!

ちなみに中古データよりLV高いかもって思ったけど青の道到着前地点で
こちらが1高いだけだったから決して高くは無い!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(BH)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop