風林ノ草庵 ホーム » 風息(亀忍者) »『『せいぜいほざいてろタコ野郎』』

『『せいぜいほざいてろタコ野郎』』  

32話「ユートロムの秘密パート1」の感想です。

あらすじがニュースという新しい始まり方な32話。
野次馬なのかなんなのか知らないけどあのおばちゃんに
先制攻撃浴びた!!色んな意味で酷い!!(笑)


*地球に戻ってこられたタートルズと教授。モーツや他のユートロムが
一緒に連れて来た連合軍とトリケラトン族を返却した後先生と再会。



「邪悪なエイリアンが侵略してきたのでしょうか!?
私は…とてつもなく嫌な予感がします!」
↑だが視聴者にとってはとてつもなくいい予感である。

転送されてきた亀達ですがユートロムが機械をいじっている辺り
送られたメールを受信するみたいなことしたんでしょうか?
一方的にこちらへ転送できないとか勝手に色々考えてみたり。

「おい、またここか!」
「たっだいまぁ~!ヒャッホォ~ゥ!!うまくいったんだぁー!」
↑地球に戻ってきたんだからいいと思うよラファエロ。
そして喜んで床にキスする末っ子見てたらレスリングで優勝して
マットにキスして感謝と喜びを表した選手思い出したなー(脱線)
尻尾が揺れてる…犬みたいに感情と一緒に動くもの?

混乱する連合軍とトリケラトン族、地球でも勝手に銃撃戦。
教授ってパニくると「どうしよう」を言う癖でもあるんでしょうか?

「なんだぁ!?尻尾で良かった~」
↑尻尾、レーザーガンでそぎ落とされる。
でもこの後尻尾に再びレーザーが当たったとき金属音してたんですが
一体何で作られていたというんだ。つか中に何か入ってた??

「静止ビームを撃て!!」
↑26話でこれ使って亀止めれば良かったのに…

連合軍とトリケラトン族を止めたところで先生が登場!!
すぐに駆け寄るところが本当に親子なんだなと思わされる…!

「皆、また会えて嬉しいぞ。…じゃが…ちと、苦しいなぁ」
↑確かにあの体格×4に囲まれたら暑苦しそうだ(汗)

そして先生はやはり彼らに助けられていたということで。
だけどそうならそう言ってとな!それとも急患だったの?先生。

「先生を助けていただいてありがとうございます」
↑長男を筆頭にお辞儀をする兄弟。やっぱり礼儀を学んでいたんですね。
それならご飯くれたり武器取り返してくれたときにだって言ってあげなよ(笑)


*ユートロムと和解し、彼らの秘密を知るべくポッドに入る。
しかし知らないところで蠢く奇妙な奴が…


「つまり、不必要な素粒子が次元間をシフトすることによって
あの液体ができたのかー」

「でもぉ!オイラ達どこに移動してどうやってここまで
戻って来てそれからいたぃぃ!!

↑なんだか語呂じゃないけど台詞のリズムが似てる2人(笑)
最後に末っ子を叩いた赤がいい笑顔してるんだけどどうしたことだろう(笑)
そうか、「オレも同じ考えだ」か。これでFA。

余計な客を元の世界に返し…きれてなくてトリケラトン族が一匹
逃げ出しました。あれってモザーさんかな。
「フガ」言わないからわかんないや!(笑)

「息子たちがいなくなってしまった8時間の間に
さぞかしご迷惑をかけたことでしょうな」

「8時間だって!?」
「3週間じゃなかったのか!?」
1ヶ月じゃなかったのか
トリケラトン族のとこでそんな台詞あったような気がしたんですけど。

んで、モーツがどっかの専門分野みたいに説明するのですが
そんな単語ばっかり出されては理解できるの紫だけだと思う。
結局赤と橙の反応からするにやっぱりわかられてないし(笑)

「それって…チョーかっこいい」
かっこいい話だったのか
いつの間に次回予告で舞っていたチョウがここまで来たんだろう。

モーツさんが正体(お腹にいるユートロムの姿)を暴露。
そういえばこのビルに潜入したとき正体を見てひぃぃって
なってましたねドナテロとミケは。もしやレオとラフは初見?

ニュースで盛り上がった通り邪悪なエイリアンの侵略に備え
軍隊がやってきているとっても大変なTCRI社。
しかし影を蠢く謎の虫型メカ…その正体は

「たっだいまぁ~!」

キッッッッッモ!!!!!!
ストックマン!?「たまやー!」でお陀仏したんじゃなかったのか!
もう残ってるの顔だけ!?それにしてもゴキ並の生命力だこと!
なんだかこの回の最初で末っ子が喋った台詞と同じなのがまた(笑)

記憶を供給するポッドでユートロムの秘密を知ることに。
痛いと文句と言うラフに喜ぶドン。あれ、お兄ちゃんどこいった。

宇宙船で喋る3体のユートロム。あの台詞分割の人たちですな(笑)
モーツは艦長だった様子。そしてここはあくまで過去なので
自分達はそれをただ見てるだけだという事を
「頭の中で映画を見てる感じ」と説明する紫は日頃からこういう
難しそうなものをわかりやすく教えてあげてるのかなと思ったり。

場面が変わり犯罪者が捕らえられているところへ。
再逮捕ということは一回脱獄したのか。そして100年かk…え?

「いいか覚えておけ。お前達を滅ぼしてやるぞ…そう、徹底的にな!」
「せいぜいほざいてろ、タコ野郎」
「せいぜいほざいてろ、タコ野郎」
「へぇ~、オレモーツと気が合うかもしれないな」
その前にモーツさんもタコ野郎ですが(笑)
今までの口調を聞く限りでは穏やかそうなモーツさんも
極悪犯罪者の前では少し怒りを露にした様子。

「べぇぇ~だ!不細工顔のユートロム坊や~」
「ミケランジェロ、やりすぎると痛い目に遭うかもしれんぞ」
「でも先生はいつも本当の事を話せって言うでしょ?
へへへっ、ということは不細工なヤツに不細工って言ったっていいじゃん」

↑末っ子の特技は超剛速球ストレートだとわかりました(笑)
だからストレートにラフをからかってケンカするんだな!


*宇宙船が地球に近づいたところで囚人が脱走。
しかも宇宙船の動力を破壊してコントロール不能になってしまい
地球に不時着。そこで宿敵との再会。



危なーい!タコウインナー型宇宙船危なーい!!

…あ、すみませんなんだかそう見えたもので(笑)

「これは映画、これは映画、これはただの…
もう駄目死んじゃうよーーーーー!!

↑や、ただの映画だから(笑)
物凄い必死なモーツさん!
タコがカッコ良く見えたのは初めてだ!(笑)
ダメージは受けなくても振動他諸々はあるので突然リバースの末っ子。
ついこないだもリバース(※人為的)したのに難儀な子です。

一方、エイプリルケイシーが久しぶりに登場!!
8時間も車の中に潜んでいたのか。いつこいつらとも再会できるのかな。

ユートロムと一緒に丘の上に向かうとそこは日本………
侍がいた頃の、ということで果てしなく昔からユートロムが
地球に潜んでいたことも同時に発覚。

「この時代の日本で武士道や忍術が生まれたんだ…素晴らしい!」
↑珍しくテンションが上がってる長男。歴史モノが好きそうだもんなぁ。
あとがたくさんあって嬉しそう。

「お主、なかなかの使い手だが拙者には効かんなー。
世界最強の亀忍者、ミケランジェロ様にはな!」

↑元々世界に亀忍者4人しかいないという罠(笑)
そしてやっぱり怒られる。でも和み系ですよね。
この後おにぎりを見つけて食べようとしますが今まで何回
これが映画だと…またまた笑う兄貴達。だから笑いすぎ(笑)

この時代の日本は機械なんか無いので文明の進化を待つことにした
ユートロムたち。とんでもない長寿ですね。
この様子だと亀達も長生きしそうだ。

「エクソスーツ」を作成して人間としてバレないようにしようと
考えたユートロム。だけど動きがとっても危ない(笑)
どこの酔いどれ大将ですか!絶対バレるよ…

だ が バ レ て な い

「罠だ!気をつけろ!!」
↑さっき「過去のことなんだ」って言ったのに思わず反応しちゃうのは
やっぱりリアリティがありすぎるからなんだろうなぁ。

囚人はまだ生きていたようで、黄色ユートロムを投げ飛ばし
スーツを強奪。わかっているけど攻撃をする辺り
正義感が強いってのがよくわかる気がする。

時間が経ち、たくさんスーツができユートロム達が作業していた所
突然の襲撃!!それはまるでフットソルジャーシュレッダー
だけどちょっとスリムじゃない(笑)後で改良したのか。
というわけでシュレッダーの先祖とモーツは遥か昔から宿敵だったと。
そこへタートルズたちが巻き込まれた感じでOKすか?

現実世界ではストックマン博士が遂にポッドの所へ…!
コードをいじくったら過去の世界にいるはずが現実味を帯びてしまい…!?
ポッドに入るとき武器を付けていなかったのか武器も没収されてしまいました。
更にシュレッダーの先祖に強烈なパンチを浴びてミケが卒倒!!
だから調子に乗るなとあれほど…痛そう(汗)

任務を終えたストックマンは誰かに報告をして第2段階に移行するとか。
つか、誰に?シュレッダーは生存フラグあるけど裏切った仲ですし…
新たな黒幕とか??それにしても今回の博士の活躍っぷりに嫉妬(笑)

「ミケランジェロが危ない…深い傷を負っておる!」
↑脳震とうとかその辺思ってしもたよ!気絶するくらいだから
かんなり強烈だったに違いない…
フットソルジャーに囲まれ大ピンチ!一体どうなる!?


*次回予告で再び先生と亀たちのほんわか親子会話…ではなく
「はぁ~い、お久~」で始まる先生!
「海が見える露天風呂に入ったり~」
「オイシイ食べ物たくさん食べたり~」
「可愛いギャルとビーチバレーを楽しんで~」
「チョウさんと麻雀してました」
出た、お得意ドナさんのオチ(笑)
暖色はまだまともだったのに長男が流れを変えた!!
純粋な15歳だと思っていたのにレオナルドォォォォ!
んで、15歳で麻雀を知っている亀(笑)
オイラの兄貴は小学生で知ってたぞ!(どうでもいいがな)
そしてマッパにされて漬物にされていたことと比較して
思糞嘆く先生。ちょ、助けてもらってその意見(笑)
思わずポリバケツにマッパで入って頭に漬物石乗せられてる先生
想像しちゃったじゃないか!描いてやるから覚悟しろ!(笑)

次回は久々に肉弾戦が多そう!ワタワタ走り回るアクションシーンが
個人的に好きなのでもっと暴れて欲しいな!
ではでは、次回を待て!!

category: 風息(亀忍者)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop