風林ノ草庵 ホーム » 風息(亀忍者) »『オレにとっちゃ自由の女神像とか、アップルパイが盗まれるのと一緒なんだ!』

『オレにとっちゃ自由の女神像とか、アップルパイが盗まれるのと一緒なんだ!』  

44話「失われたゴールデンパック!」の感想です。

*あらすじは初?ケイシーです。なんつーか、銃社会怖い(笑)
しかも運転が荒くてドナテロに怒られる始末。15歳の亀達より
ちょっと子供っぽいところがあるのがケイシーの魅力なんでしょうか?


*ホッケーの試合を見に来ていたいつものメンバー。
しかし突然謎の男たちがゴールデンパックを盗んでしまう。
それを追いかけるケイシーとタートルズ。


ホッケーの試合なんて実際なかなか見たこと無いですね。
一応地元の高校はそれなりに強いそうですけれども(普通のホッケーですが)
実況を聞いていると激うまスティックを思い出しました(笑)
そして主人公の亀達はどこにいるかと思ったら…

皆ケイシー!!

…のマスク被ってました(笑)意外と目しか出ないのでバレなさそう。
マフラーでマスクを被っていてもわかるのが微笑ましい、誰だ用意したの(笑)
そしてようやくここで長兄の素顔を拝見。
体を張って戦うスポーツにカッコイイと思ったラファエロは
やっぱりケイシーと気が合うようで。
だけど食べ物に集中しているミケランジェロと
読書していたドナテロ。この2人は興味無いんでしょうかってか
ミケの食べてるの何ですか!汚いよ!!(汗)

「けどこのふざけたマスクだけはどうも気に入らないな」
「なに!?見てろ!(マスクを被る)
どうだ、カッコイイのが更にカッコ良く見える」
「…これがカッコイイと思う奴は手を挙げろー」
いいやー
「ケイシーはどうしようもねぇ馬鹿だと思う奴手ぇ挙げろ」
はーい
お前らなんて事を(笑)
ちなみにレオの発言辺りのシーンで兄弟が全員こっち見てます。
なんかそこでもう噴きました。これが「こっち見んな」ってやつか(笑)
子供に馬鹿と確定される大人って…ケイシー…(涙)

紫が読んでたのはホッケーの本だったようで。
なんかそれっぽい話なので実際のホッケーの歴史にも
関わっているんでしょうか?大昔=400年前という考えのケイシー。

試合が終了したところで謎の影。空からやってきたのは謎の男達。
観客や選手をライフルで退場させるとその場から動かなかった
タートルズ達へ爆弾をぶん投げました。なんて容赦の無い(笑)
そしてゴールデンパックを持っていく3人組。
ボスがくわえていたのはマッチ??
ガレキの下敷きになるのはよくあることなせいか無事だったケイシー達。
でもゴールデンパックを奪われた事に憤慨するケイシー。
そして気が付いたら
亀達は裸足だった。

「ゴールデンパックが盗られたのに何をのん気な事を!!
あれはシンボルだ。アイスホッケーの歴史をずっと見守り続け、
未来のアイスホッケーに繋ぐ役割を果たす。
とにかくあれはなぁ!ただの彫刻なんかじゃねえ!
オレにとっちゃ自由の女神像とか、アップルパイが
盗まれるのと一緒なんだ!」

真ん中辺りはカッコ良かったのになぁ…。
ゴールデンパック=自由の女神像=アップルパイて(笑)
アップルパイが好物だったんでしょうかケイシーって。

「アップルパイも売ってんの?」
華麗に勘違い(笑)

「オレ達も手を貸すか?」
「でもこれは窃盗事件だ。警察に任せるべきじゃない?」
「だけどケイシーを放っておけないよ」
「あのままじゃ誰かを傷つけちまうぞ」
「パイはどこ?さっき誰かアップルパイって言ったよねぇ?」
15歳に心配される大人(笑)
だけど末っ子の食べ物の名前に対する反応の速さも異常(笑)
また呆れ顔で見る兄ちゃん達が…いいなぁこういうオチ。

冒頭で出ていた抽選で当たるスノーモービルを華麗に窃盗(笑)
って君らも窃盗容疑を犯すんじゃない!!!
でも主催者が「持ってけドロボー」と言ったのである意味合ってるような…

走っているケイシーの脇をモービルですり抜ける亀達。
誰か乗せてあげてよ、と思ったら末っ子が乗せてくれました。
マスクを付けているので声とマフラーでしか識別できなさそうですが(笑)

そしてこそ泥トリオ(ケイシー命名)を追尾!
カップルの甘いひと時もなんのその(笑)
ギリギリで電車に乗られ逃げられてしまいました。
そしてラファエロの乗っていたモービルが大破
ラフの乗ってる乗り物はしょっちゅう壊れるような…(笑)
トリオのボスがマッチ箱を落としたので居場所を確定されるという
ボスの凡ミス以下なミスが酷いです(笑)アホにも程があるよ!


*ホテルにいるこそ泥トリオを発見し、ゴールデンパックの
行き先を追尾。車に乗せてあったゴールデンパックを奪取し
セントラルパークにて決戦の準備へ。


「わぁ~!すごいよ、このホテルのテレビ、映画が見放題だ!」
「オレにも見せろ」
「 マ ジ メ に 探 せ 」
↑どうして末っ子に探索させるかなぁ(笑)
そしてノるなケイシー。お兄ちゃんが冷静に怒っているぞ。
それにしても部屋の内部までしっかり見えるなんて
またどういう代物を開発してるんでしょドナテロは。

そしてホテルへ侵入。流石忍者、どこから侵入したのかわからないくらい
現れる所が突然すぎます(笑)つかお兄ちゃん逆さでM字は凄い(笑)
ドナテロの偽造カードキーらしきもので留守の部屋へ。
もうドナテロからプライバシーを守る事は不可能だと思います(笑)
しかしゴールデンパックは見当たらず。しかもトリオが帰ってきてしまい…
それにしても手下×2の会話が小学生みたいなノリで面白い。
慌てて隠れるメンバー。隠れるのは忍者の十八番!

「ケイシー丸見え!」
「ホント、おバカちゃんだね!」
非忍者がいた。
机の下に頭を隠してもでっかい図体が隠れてないよ!(笑)
あのワンシーンはかなりシュールでした。
誰かケイシーも連れて外に逃げてあげてよ…
でもミケランジェロが機転を利かせてホテルの人になりすまし
タオルの山積みで体を隠して登場。時間を稼いでる間に
ケイシーを連れ出す事に成功しました。頭の回転早いな末子!

トリオが「ボス」と呼ぶ男の車がホテルに到着。
ゴールデンパックは車の中だったようです。
ボスことアルベストは逮捕歴があるみたいで、ホッケーチームを持つことに
反対されていたようで…それでゴールデンパックを手にすることにより
それを切り札にしてチームを持とうとしていました、んで。

「そんなの関係ねぇ!」
↑…………あ?(反応鈍)
「どんだけー」といいやるなぁアドリブ(笑)

ホテルの屋上で様子を窺っていたタートルズが行動開始。
颯爽とこそ泥の前に現れ車ごとゴールデンパックを奪取!
ケイシーも降りてきましたが頭から車に落下!!だ、大丈夫か!?
しかし流石は人間代表(笑)、すぐに車を運転します。

こそ泥達は車からライフルを発射!!
ちょ、メリケン怖い(笑)どこでも誰でも銃器持ってる!
そして車の上にいるだけなレオ&ラフがとっても危ない。

「ミケランジェロ、そいつを落っことすんじゃねえぞ!
古くて壊れやすいんだ」

「ゴールデンパックよりオイラの事心配してくれない!?」
↑左右にガタガタ揺れる運転なのでゴールデンパックを
抱きしめるミケランジェロがガツガツぶつかって痛そう。
そして後ろから衝突され車上にいたラファエロが落下!!
なんとかレオが腕を掴みますが再びぶつけられ…
車の後部にてなんとかセーフ。前もどっかから落下したような(軽いデイジャブ)
そして運転手をサイの取っ手で攻撃して動きを止めましたが
敢えて取っ手で胸を突くという攻撃をするラフが優しいなと思えたり。

ゴールデンパックを取り返したもののこそ泥達を懲らしめないと
気が済まない様子のケイシー。そこで無線が入ったのでこれを利用して
セントラルパークへ誘導させる事に。でも無茶振りだよケイシー(笑)
ドナテロじゃないと上手く返せなかったかも。


*セントラルパークへ現れたこそ泥達をホッケーで倒すタートルズ。
そして返ってきたミケランジェロの誤解。


「ねえーこれってさぁ、いいアイデアだと思う?」
「いいアイデアなわけが無い。ケイシーが考えたんだ」
「こんなんで上手くいったら靴を喰ってやるぜ」
「クツなんか履いてないじゃ…痛いっ」
↑物凄い過小評価されてるケイシー。
しかし何故靴を食べるなんて事を?
ケイシーの「オレって天才」とでも言いたそうな表情を
背景にこんな事ささやいてる兄弟が…(笑)

こそ泥は手下総出でしかもライフル所持。かなり本気ですが
ケイシーも負けじと言い張ります。

「一つ言い忘れてた事がある。こっちにはダチがいるんだ」
↑そう言って指パッチンしますが無反応
壁に隠れてニヤニヤしているこの4匹ってば(笑)
声を出さないように手を押さえながら笑う末っ子が本当にいたずらっ子みたい。
そして弱気になってくるケイシー。もうケイシーいじりすぎです(笑)

「気の短さならお前なんかにゃ負けないぜ、
てめぇらズタボロにしてやる!」

↑亀達が合図を送った途端この調子。
もう愛すべきバカの称号が末っ子からケイシーに変わりつつあります(笑)

前は河童と言われたことがあるあの容姿ですが、今回はカエルのコスプレ
甲羅を背負ったカエルがいたらそれこを靴を喰ってやりたい(笑)
ニューヨークだからなんでもありという結論にたどり着くのも謎(笑)

アイスホッケーのリンクだけあって滑りながらの攻撃を
仕掛けますが冷たくないんでしょうか、特に裸足
ケイシーは靴のままで滑ってますが本当はスケート靴履くんでしょうか?
「お前はここで待ってろ」とゴールデンパックに話しかけるケイシーが
本当にアイスホッケーに情熱を注いでるとよくわかります。

そしてケイシー、ホッケーの道具を獲物にさせる(笑)

スポーツマンシップなどありゃしません、
ニューヨークですもの!!(笑)

しかしいいイジメっぷりだ。時に悪役並に見えます(笑)
ケイシーはその中でも特上ですな!!

こうしてこそ泥達は警察に御用となりファイナルスコアは
17-0タートルズ&ケイシーの圧勝だそうで。
……え?いつ点数入った?

「そういやぁアップルパイは?
オイラまだ一口も食べてないよー!」

アップルパイ、最後まで出演。


*次回予告はかえってきたちょうちょネタ
メカちょうちょを作る事に成功したドナテロは完全有頂天
どうやらドナテロは美人ロボよりメカちょうちょの方がいいようで(笑)
だけど画像が大変なことに!遂に復活したシュレッダー
いつぞやで下水に逃げ込んだトリケラ族、そして倒れる先生に
なんだか悪そうな偽先生!!これは一体何事ですか!
ちょうちょ追いかけるドナテロを無視して普通に次回の
タイトルを話すレオナルドよ、教えて下さい!
次回を待て!!

category: 風息(亀忍者)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop