風林ノ草庵 ホーム » 風息(亀忍者) »『高校で鍛えてたの』

『高校で鍛えてたの』  

47話『パズルキューブの謎!』の感想です。

*あらすじはいきなり泥まみれエイプリル。明らかに別世界へ迷い込んで
来た感じ。とりあえずここがどこなのかってより何故泥まみれなのかってのを
個人的には追究したいところ。


*エイプリルのお店の準備を手伝っている途中、パズルキューブを発見。
謎の光に包まれ別世界に転送されてしまう。そこで巨大な虫と遭遇し、
ラファエロとドナテロが連れて行かれてしまった。


「みんなホントにありがとう。
こうしてまたお店をオープンできるのも、みんなのおかげよ」

「あぁいや、前の店を壊したのは僕らみたいなもんだから」
↑以前フット団に壊されてしまったエイプリルのお店でしたが
ナノの話(37話)で得た懸賞金で無事元通り。
でもレオの台詞に思わずハチマキの色確認してしまいました。
だ、だって「僕」て!今更エイプリルの前で改めて言うことじゃないよ!

末っ子は品物のフィルムに触れたところ手が汚れてしまい、
それをこれまた品物の服に擦り付けるという弁償ものなことを…(笑)
しかしよく聴くと口笛がOP曲

ラファエロとケイシーは甲冑を運んでいるところでした。
そういえばフット団が攻めてきた話でいい帽子の人に細かく斬られたのも
あったような。あれと同じものなんでしょうかってかNYに需要あるか?

「もういいわ、みんな武器を出して!預かっておくから」
「でも、フット団が来るかも…それとも、海兵隊とか…他に」
「一日くらい武器無しでいられるはずよ?」
↑妨害しちゃうのはドナテロの棒とレオナルドの刀くらいかと…
海兵隊ってここはNYです。ネタがたまにを越えてるミケランジェロ。
んで、この没収が後に関わる事になる、と。
エイプリルの咳払いにあっさりとサイを渡すラファエロ、空気読めてる。

「待てよ?やっぱさぁ、入り口の方がいいな」
読めてない(もはや日常茶飯事)

エイプリルの家族写真の中に映っている男性はエイプリルのおじさん。
エイプリル(4月)なだけにオーガスト(8月)なのか…!
冒険家なようですがここまで詳しく説明されると後々関わりそうな予感。
そして甲冑を運ぶラファエロの顔の周りを飛ぶハエ
物凄い必死にハエをどうにかしようとするラファエロがおかしい(笑)
でもハエだしなー、ハエどこに付けてるかわからないしなー。
結局ケイシーだけじゃ支えきれずタンスに衝突、色々破壊。
もうお前ら2人まとめて「クラッシャー」の称号与えたいわ。

「虫は大っ嫌いだ!」
「ついでに言わせてもらうと、チョ~高そうなカップや磁器の置物や
ガラス細工なんかも嫌いなようだね~ぃ」

磁器?でいいんでしょうか、変な取り方してたらすみません。
この紫っこ独特の言い回しがホント面白いです。原版もそうなんかな。
しかし本当にカッとなると周りが見えなくなる赤だこと。

「んもぅ!アンタ達、割れ物に近づかないで!
ゴミを捨ててきて!!早く!」

「はい、ボス
↑前は食器棚とかを持たせて割られただけに今回は別のを持たせて
被害を無くそうとしたのかと思うとエイプリルが怒るのも無理は無さそう…。
この後ケイシーが「すいません」と言って更に「またやっちゃったよ」
ぼやいてるのがまた(笑)つか悪いのはラフでしょうに。

ラファエロが箱の中から謎の物体を発見。
オーディおじさんが持っていたらしいパズルキューブ
布で綺麗に拭いてあげていると突然作動して光があふれ出し
メンバーを巻き込んでしまいました。…あれ、全員じゃない。

ケイシー!!!(笑←酷)

あいつは留守番か!なんだか色々残念な役回りだな今回!!
ちなみにラファエロが持っていたも何故か留守番(笑)

そしてやってきた世界は明らかに地球でない場所。
エイプリルがツタに絡まっていたのでラフが強引に引っ張ると
ズボンが裂けた!ちょ、サービスショット(きっと違う)
怒るエイプリルに対し謝ってる割には笑顔のラファエロ(笑)
結局自ら破いて短パン状態にしました。

「ねえ、これもしかしてユートロムが
瞬間移動装置のスイッチを押し間違えた?」

「いやー、そうじゃないと思うよ。あの装置での移動と違って
今回はシフトしたって感じ。僕の推測では、
あのパズルキューブが次元間の通路の役目を
果たしたんじゃないかな?」

「消えたりシフトしたって話まではついて行けたんだけど、
その後の話はさっぱりわかんない」

「つまり理論的にはこうだ。僕らは原子でできている。
で、原子は空間でできている。だから理論上は同じ空間だけど
違う周波数のパラレルワールドが存在することになるんだ。
原子をシフトすると全く別の次元に行けるってワケ」

「もういいよドナちゃん!頭の中で羽音がするぅ!」
↑どうやらドナテロは相手が理解できなくても己の理論を
ぶちまけたいようです(笑)エイプリルくらいしか話を聞いてくれなさそうな
話をよりによってそういうのが苦手そうな末っ子に言うのが間違ってる(笑)
しかし羽音は本物のようで、何かが近づいているようでした。
なのに武器は没収されているので素手

「だぁぁ~っくそ、また虫かよ!ブンブンいってねぇで姿を見せやがれ!!」
「なぁー、ラファエロ。もっとデカいハエたたきが要るぞ」
「…マジかよ」
↑心の底からうんざりしたラファエロの顔に注目(笑)
デッカいカマキリみたいなのが飛んできました。
おいレオ兄、ハエたたきどころじゃないぞこれ!
しかもカマキリはラファエロを捕まえ、慌ててドナテロがラファエロに
しがみ付き2人が連れて行かれてしまいました!
…っていうシーンが某動画サイトにある「呪いの館」のラストに似てた(笑)
つ か ま っ た ぜ


*オーディおじさんが住んでいたと思われる家に入ってみたが無人。
しかも昆虫達が一斉に攻めてきてラファエロが毒針に倒れる。


どこに連れて行かれるのかもわからない状況なのに森の中に
建物があることを確認したドナテロ。結構冷静です。
一方ラファエロは大嫌いな虫に捕まってとっても嫌な様子。
ここのシーンで何故かドナテロの腰紐になっているのに
気がつき噴いた。ど、どうしたいきなり。
ラファエロ、80キロの亀に捕まれた足を振り上げるほどの筋力って
凄いと思うんですがこれ如何に。虫にキックが炸裂しましたが
勿論彼らを支えるものが無いので真っ逆さま!
丁度森の中だったのでうまいことクッションになって…

くれませんでした(笑)

後を追ってきたエイプリル達に会えましたがドナテロはモロに背中を打つわ
ラファエロはツタに絡まって動けない上にこの後も落とされるわで…

「だからオレぁ虫が大っ嫌いなんだぁ」
↑とりあえず、元凶は確かにそうだ。

ドナテロが途中見つけた家へ向かう前に色々準備。
武器も木や石で作ってみますがはそのまんまなような(笑)
そしてお兄ちゃん、の代わりには無謀すぎです。
でも木の皮切ったわ(笑)
更にヨットまで作って川を下る5人。す、凄い。

「ここで叫ぶと気持ち良さそう!カ~ワバンガァ~~ッ!!」
「ああ確かに同感だ!」
↑ここのミケランジェロの笑顔がすんごい楽しそう!!
しかもカワバンガって元はサーフィンの言葉らしいので
これは合ってるのかも。

「うわぁおエイプリル、そのワザどこで覚えたの?」
「わからない!でもなんだか自分がジャングルガールになった気分だわ!」
野生人って意味でOKすか?
でも逞しいなエイプリル!カライ姐さんといい勝負?

ここで挿入歌が流れているんですが前にも挿入歌が流れるシーンが
いくつかあったみたいで、やっぱり声があった方が盛り上がるなぁ。
に着きましたが誰もいない様子。しかもシロアリに食べられてる箇所が
ある辺り無人となってから長いみたいです。

「さっきみてぇなデカくて飛ぶゴキブリがいるなら、オレは遠慮しとくぜ。
……おい、どこ行くんだよ?」

「私、虫は平気なの。お先に」
「怖がらなくていいよ~、ジャングルガールが守ってくれる」
「おい!別に怖がっちゃいねぇ。…虫が嫌いなだけだ」
↑きっとゴキブリもためらわずに倒せるだろうエイプリル。
しかし負けず嫌いというか子供らしい面があっていいなぁラファエロ。
レオナルドはかつて高所恐怖症でしたし、残る2人には何か
苦手なものとか無いんでしょうか。

中に入るとオーディおじさんがいつも持ち歩いていたという方位磁針と日記。
日記の中身を確認しようとしますが虫が大量にやってきました。
わぁ気持ち悪い。個人的にああいう虫は苦手(汗)
イスをぶつけるラファエロでしたが逆に怒らせてしまう結果に。
そして…

「オレは…虫が…嫌いだぁ…」
↑毒針が運悪く足に当たり気絶してしまいました。一体何回言うのそれ(笑)
丁寧にカウントしているぞ!


*寺院にあるパズルキューブで元の世界に戻れるかもしれないと
寺院へ向かい、昆虫と戦いながらパズルを解く。


どんどん家に突撃して襲い掛かってくる虫を撃退しようと戦うメンバーでしたが
あっさりとレオナルドの刀(代役)、折れる(笑)
そりゃー無理だわなー石槍でも微妙な威力だもの!

「自分でつくった毒を味わってみるがいい!」
↑毒針持って平気なのかなと思いましたがたぶん先端だけに
毒があるのかなと。ってそれしまわない!甲羅に刺さる!!(汗)

家の足場を破壊されてしまいひとまず退散。
それでもなお追いかけてくる虫を追い払いますがラファエロを庇って
戦うレオナルドを背後から虫を吹っ飛ばして援護したジャングルガールこと
エイプリルの勇姿にタートルズ、唖然(笑)

「やるねぇ、エイプリル」
「高校で鍛えてたの」
何部で?(汗)
運動部で筋力を鍛えていたんだろうか…だとしても卒業して何年経って?
それにしてもこの強さ。ヘタしたらケイシーより上だったりして(笑)

なんとか振り切って一時休憩。すっかり暗くなっておりました。
ラファエロも無事元気になったようで、エイプリルが日記を見ていると
寺院に大きなパズルキューブがあり、パズルを解けば
元の世界に戻れるかもしれないということ。
でも寺院に昆虫がを作ってしまい危険を伴うということ。
ヒントを手にしたメンバーは翌朝寺院へ向けて出発しました。

「おじさんの計算は対数関係か確率偏差を導き出してると思うんだ」
「なるほどね、その方法だといくつものフィボナッチの数列ができるわ」
「悪いけど字幕付けてくんない?」
↑末っ子の意見に同意(笑)何度も聞いては検索かけましたとも!
結果こういう数列が実際にあるみたいです。どうでもいいけど
最初「ピゴナッチ」と聞こえました(笑)

「デカい殺虫剤を持ってくりゃあ良かった、特大サイズのやつをな」
「あそこを通るいい方法があるよ」
↑遠くからでもよくわかる寺院にくっつく巨大な巣。
ドナテロの考案したいい方法とは泥水の川に飛び込んでを体中に
塗りたくること。ど、泥パック
スズメバチ嗅覚に優れているそうなので匂いをごまかすみたいですが
兄弟のリアクションを見る限り泥じゃなくてヘドロかと(汗)
…その前にあれ、スズメバチだったのか。

「いくらジャングルガールだからって気合入れすぎじゃないかな?」
↑この後エイプリルから泥団子の反撃を受ける兄貴(笑)
レオナルドが相手(味方)をからかうのは珍しいかも。
でもジャングルガールにはまずいと思われ…って事後か。

ドナテロの推測通り、昆虫はスズメバチだったみたいで
バレずに寺院の中へ入ることができました。
でも中にまで巣があるみたいで、サナギがわんさか。

「様子を見る限り、こりゃ大人の階段上ってるねぇー」
どんな表現だよ(笑)

静かにしようとレオナルドが言った瞬間末っ子が振り回す石製ヌンチャク
スポーンと抜けサナギに命中。武器を作ってるシーンで既に1回
抜けてラファエロに直撃してたのはこれの伏線だったのか(笑)
勿論これによって大人の階段を上った昆虫が大量に動き出し
襲い掛かってきました。暖色コンビとケイシーに静止要請は本気で無理。

多勢に無勢で不利な状況でしたがなんとか扉を閉め難を逃れると、
大きなパズルキューブを発見。しかもオーディおじさんの書いたメモが
残されておりおじさんはここまで来たことがわかりました。
しかし日記と実際のパズルの配列が異なっており、おじさんが
元の世界に戻れたのかは不明のまま…。
女王バチがお目見えしてしまい、まさかおじさんは食べ…?という事に。
エイプリルとドナテロがキューブの解読に挑み、残る兄弟が女王バチの
撃退に挑みますが先鋒、末っ子があっさり毒針を受けダウン。
すぐに次鋒レオナルドが毒針の二刀流で戦いますが腕に毒針が当たり
何やら楽しそうな声を上げて倒れる(笑)どうした兄ちゃん!?

一瞬ラリったのかと思ったぞ。

最後にラフがレオが落とした毒針を持ち挑むもやっぱり撃沈。
このまま女王バチの餌食になってしまうのかと思ったところで

「ラファエロから離れなさい!」
ジャングルガール見参!!
…ってあれ、ドナテローー!(笑)お前何してん!
しかもエイプリルの投げた槍が女王バチの頭に直撃して会心の一撃
今回のMVPこのお姉さまで決定ですな。
残るドナテロがパズルを完成させるとキューブから光があふれ出し
急いで兄弟をキューブに近づけますが女王バチも起き上がって
襲われる手前でギリギリ転送されました。

「うわぁー、くさっ!なんだこの臭い?
あれ?ちょっといない間に泥レスでもやってたのか?」

↑あのゴミを片付けているだけの時間であんだけの冒険をしたのか
それともまた時空軸が云々の関係なのか。
泥レスって泥沼プロレスの略とかそんななんでしょうか。

「それでつまり、こういうことか。
エイプリルが女王バチをやっつけたって?それもたった一人で??」

「だから言ったでしょ?あそこに行ったらなんか、
ジャングルガールみたいな気分になっちゃって…
でももう二度と行きたくは無いけど…おじさんのことは
いつか必ず見つけてみせる。約束するわ」

↑ああ、うん、そんな感じで(笑)
なんだかおじさん再登場フラグ立ってるけど見られるのかしら。
でも前にようつべでなんか見たようn(以下削除)


*次回予告では「ジャスティスフォース」が大復活?
復活も何も初めて聞くような…どうやらヒーローのようですが
前にもシルバーセンチュリーがいたのに彼は別組織なんでしょうか。
今回大活躍のエイプリルが兄弟のボケにとどめを刺す形で終了。
とりあえず画像は…変なのがいっぱいいた(笑)
次回を待て!!

category: 風息(亀忍者)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop