風林ノ草庵 ホーム » 体験記(BH) »BH体験記第参拾壱回

BH体験記第参拾壱回  

バーニングヒーローズ体験記第参拾壱回です。(メビウス編)
※ED内容含みますのでご注意下さい!


各キャラ全4回で綴っていたBH体験記ですが今回は3回分で終了です。
1回目の時にだいぶ進んでいたので1回分余白ができたわけですがそこは
総集編としてラストを飾らせいただきたいと思っています。
そんなワケでメビウス編のラストを篤とご覧あれ!

前回のあらすじ:悪名高しアイリスの従者

素直なのか嫌味なのか知らないが殴られそうな事を平然と言ってのけるメビウス。
んでそんなに殴られたいなら殴ってやるよと乗り気なアイリス。
そんな2人(と、助っ人)ですが遂に故郷商の都にやって来ました。
今の城主は前城主であるアイリスの母親を罠にはめて都から追い出したセル
そこにはドロール博士も関係あるようですが果たして会えるのか。


中に入ればやはりかつてはここにいたのでお久しぶりですとの声も。
そして奥の城主の部屋に入ると現城主セルの姿が。
よくも都を母から奪ったなと怒るアイリスでしたがセルは負け犬の言うことなど
聞かないと知らん振り。見てなさいよと怒り心頭でアイリスは出て行ってしまいますが
メビウスはもしアイリスに何かするようだったら許さないと一言。
これはご主人様だからというだけではないと受け取ってよろしいですね?
それでもセルはこの都は渡さないと言ってばかり。進展は無さそうです。
都に戻りナーガ編でちょっとイベントがあったドロール博士のラボへ行きましたが
何も起こらず、念のため書類も調べましたがやっぱり今回は無関係のようです。


諦めて魔の道へ。入っていきなりアッドムの出現。
忘 れ て た
しまったぁー!ナーガ編でも入り口ですぐボス戦だったのに…!
フィールドで少し戦っていたので多少HPが減った状態でバトル。
どうにか倒すとドロール博士のところへ逃げようとするアッドムでしたが
その前にメビウスに対し何か気にかけているようでした。メビウスも訳ありなのか?
結局それは明かされずアッドムは逃亡。このまま魔の道を抜けるのみ…
なんですがやっぱりこのダンジョン苦手だわーまた迷った!!(笑)
しかしここ、ガオウ編から数えて4回目の攻略ですがどの魔方陣がどこへ飛ぶかなど
細かに脳内に記憶できないので(なんてアホな)何度も迷っていました。
それでもどうにか突破して先へ。あ、マスターソードみっけ。


魔の道を抜けて遺跡の里。例によって8回目となる星の鍵破壊シーン。
まずは遺跡の里で少しだけ買い物。武器と防具は盾ぐらいでいいかな。
あとは全て最後の買い物の為に残す。おかげで陣形によってはダメージ酷いけど
仕方がありません。なんとかメビウスとリーザで回復できますし。
魔の道のようなダンジョンは苦手でも地下神殿のような一般的なダンジョンなら
脳内マッピングは完璧です。どこから攻略していくかなどわかりきっている(8回もやればな)

そしてあっさり進んで星の鍵の部屋へ。勿論そこにいるのはザデスのみ。
ドロール博士の行方を聞くと星の扉へ向かったと答え、更にドロール博士が
地球人の血を継いでいる(エサリアラの民に稀にいるとか)ので
博士を利用して人類滅亡を謀ったとか。ちなみに黒仮面ヘル・カノンといった
他主人公で対立した敵も利用しようとしていましたが人間としての情
出てきそうだと考えていたらしい。ここで他のボスの名前が出るとは珍しいな。ってジャコウ(笑)
勿論博士を止めるべくまずはザデスをボッコボコ…にしたかったんですが
まだ魔法対策の陣形がわからずじまいでして(汗)うおおお喰らってる喰らってる!
朝日のコヨーテじゃもう辛いので砂漠の幻陣に変えてみましたがそれはそれで
味方の攻撃力低っ!!!しかも結構ガードされてるし…(汗)
唯一ダメージを与えられるのはメビウスの魔法なんですがこれも弾かれる。

結論:カプセルでMP回復させながらの持久戦

あーリーザのMPも減ってきた!というか瀕死が一人なのにハイパーヒール(全体)とか
勿体無さ過ぎて困る。久しくリーザ入れてなかったから忘れてたわ、この行動。
時間がかかりましたがどうにか勝てました。うう、他にいい陣形無いかなぁ。

さて、ザデスも倒したことだし次はアストラリアへ向かうわけですが
アイリスは戦闘前にエサリアラの民について詳しかったメビウスに疑問を抱き
しかしそれを無視してメビウスはアイリスにここに残るよう頼みます。
この先は生きて帰られないかもしれないからアイリスには残って生きてもらいたいようでしたが
勿論アイリスは一緒に行く気満々だったので嫌がります。
そこへアイリス、と主従関係を断ち切るかのようにアイリスを呼び捨てにし、
意志の強さを伝えたメビウスでしたが最後の命令として自分も連れて行けと言うアイリス。
この後一人にしないで、と寂しがりやな面も見せてくれました。やはりツンデレか。


とうとう最後、第3部「星くずの彼方」。長い戦いが終わるのももう少し。
アストラリアに到着後フォースタウンへ。んで最後の買い物です。
今回の成果は…くぁー!一部買えなかった!!
くそぅ、クラウン系統が買えなかった…悔やまれる。ここはダンジョン攻略の間に
お金が貯まることを祈るしかありません。まずはフォースダンジョンへ。


ナーガ編で攻略はしっかりと把握したので今回はわざとハマってあげはしません(笑)
さっさと進むと勢い余って回復する前にボス戦になってしまいました。
剣と盾を持つボス…あれ、こいつ物理攻撃だけだっけかとH型陣形にしたら
いきなりサンダーストームとか酷いよ父さん!(誰だよ)
急いで陣形変更、そういえばこれあったな、トビラの分身陣。イメージ不可。
リーザが先頭になるという驚きのくの字型陣形でしたがリーザ以外は
魔法をガードできるように。逆に言えばリーザばかり喰らうので結果
ハイパーヒールの無駄遣いというオチに。むぅ、これじゃダメか…
結局また砂漠の幻陣にして低い攻撃力で戦いました。
この後ブリッジがかかり天魔の塔へ行けるようになりましたが引き返してお買い物。
装備も揃いアイテムも増やしたところで待ちに待った天魔の塔です。


天魔の塔=バーニンググッズ収集という意味合いになってしまっていますが
ある意味真実(笑)そしてここでグッチバーニングクリスを装備。
バーニングクリス+お宝ハンターにするとアイテムドロップ率が高くなると
某さんから教えていただきまして!さあこれで他の主人公達よりアイテムを
多くもらえるといいな!とワクワクしながらいざ攻略へ。
その結果槍だの弾丸だの兜だの頂きました。すごいドロップ率が上がるわけでは
ありませんが心なしか上がった気はします。おお、もらい!
と、ここでメビウスに装備させていたレッドアローよりバーニングロッドの方が
魔力の上昇が高いことにも気付きました。レッドアローの魔力上昇が終盤まで
使えるのもビックリですがね!攻撃力は低いのが難点だったのでひとまず交換。
この後杖を殴るのではなく突くメビウスがそこにいたという…。
また、ロイヤルリング(まじかるファイターの盾的防具)も入手。これは凄いのう。
確か全員がバーニングの武器(できればいい装備)を持てたのはシェン編以来かな。
あの時もグッチがいたのでお宝ハンターの存在自体がドロップ率に関わるのだろうか。
とりあえずこれでメビウスがロッド、アイリスがソードにヴァドがランス、
グッチがナイフでリーザがアローで完璧。どこのゲームでもドロップは嬉しいもんです。
あとはできればちからのあめだまでラスボス戦を楽にしたかったんですが
1個しかもらえず。…せめてもう1個あればアイリスとヴァドに使えるのに…
諦めきれずあちこち歩き回って戦いますがドロップする敵とも遭遇しにくく
やっぱり諦めてしまいました。そいじゃコズミックアンテナ壊しに行きますか。

アンテナの前に立ちはだかるドロール博士
ここで初めてメビウスがドロール博士を「叔父上」と呼ぶサプライズ。
つまりメビウスもエサリアラというか下手したら地球人ってこと!?
でもあくまで「人間」としてここに来た、というのはシェンを思い出される台詞。
メビウスは自分の道、すなわちアイリスの未来を守るということ、
ドロール博士は地球人の血が流れている者の宿命として対峙してバトル。
あれ、ナーガ編だとこの前にアッドムが乱入したんですがこれは珍しい。
ここのボスが表裏の主人公で違うとは。とりあえず開幕ロックシャワー浴びた(笑)
しかし砂漠の幻陣なので魔法防御はそれなりに高くなっています。
ただ攻撃力が…と思いきやうろつきまくってLVが上がったのとバーニンググッス
装備したことによってそれなりのダメージを叩き出していました。…やるじゃん。
なんだか装備がチンケ(武器的にはそんなわけないのに)だったザデス戦より
ずっとラクでした。ちょっと複雑。あとは博士の防御力の関係だろうか。
戦闘後、ドロール博士は人間としての役目を果たす、と言いアンテナを破壊。
しかし同時に地球人の血を引いている者として星の扉が閉まるところを見たくない、と
消滅してしまいました。これはワープしたのか自爆したのか…前者かな。
再びメビウスはアイリスに地球に戻るようにお願いしますがここで
アイリスの連続攻撃らしきボコりが入り皆と一緒に戦えば絶対勝てる、と一言。
確かにその通りだ。
あ、でもまじかるファイターだし魔法防御は高いので意外とラスボスぐらいなら
ミドルカプセル濫用すれば勝てるかもしれない。…と思ったのは内緒だ。


これで一件落着なわけはなく、最後のデスワイズ討伐
コズミオンへ向かいました。これで最後か、と思うと色々想いが込み上げてきますが
長き戦いにピリオドを打つべくセーブポイントで回復とLV上げを交互に行い
メビウスの魔法欄が全部埋まったところでいざデスワイズの元へ。
デスワイズもメビウスが地球人の血を少なからずも引いていることがわかったようでした。
でも人間に罪があるとはいえこんな形で裁きを与えるのは許さない、とメビウスは叫び
アイリスも追い詰められた人間は強いんだ、とラスボス戦へ。

結局最終陣形は砂漠の幻陣。あめだまでアイリスの攻撃力を強化した後
助っ人の皆さんには出来る限り殴ってもらいメビウスはウインドドラゴン
そういえばフローズも同じソウルカラーだったはずだけどこれ見たこと無いな…(笑)
しかしこれすら弾かれ他の攻撃も弾かれやっぱり苦戦。いつまでもこの戦いは
グダグダしっぱなしだな、とちょっと寂しく思いつつも最後はアイリスがトドメ。
このままEDへ突入するのかと思いきやデスワイズがまさかの悪あがき
全員へ攻撃を繰り出しましたがそれを全部メビウスが受け止めてしまいました。
罪は自分が背負う、そう言って…。


































隕石が落ちる直前、商の都城主セルの元に空が赤く燃えたとの報せが届きましたが
人間は死ぬときは死ぬものだと妙に開き直った一言。…で、お前の登場価値何?
それはともかく、地球に無事戻って来られたメンバーでしたが
倒れたままのメビウスに起きなさいと叫び続けるアイリス。
助っ人達はメビウスが死んだと思ってるのかそっとしてあげてやれと言いますが
おいリーザ、リザレクションよろしく
とか思ってしまったオイラは酷い奴です。シナリオ上の死はこんなのじゃ…
と、思いきや生きてたよメビウス!(笑)約束はずっと守りますから、と言いながら
立ち上がるとアイリスは涙が止まらないようでした。

THE END

うおおーー!こ、これはーーーー!!!というのは次回に持ち越しで、
これで8人シナリオ全員クリアと相成りました、ここまでのお付き合いありがとうございます!
この後果たして商の都は取り戻すことができたのか、博士は生きているのか、
そういやどうなるんだそことか思いましたがこれ以上語られないわけですから
ご想像におまかせしますということでいいんですねオッケ把握した
ちょっと後半H型陣形の調子が狂ったのか通常戦闘にすら苦労させられましたが
バランスはそれなりにとれていたので被害者は少なめに済みました(笑)

それではメビウス編の最終パラメータはこちら!
メビウス:LV28
アイリス:LV32
ヴァド:LV31
グッチ:LV31
リーザ:LV33
使用陣形はH型陣形天使の決闘陣、M型陣形砂漠の幻陣でした。

長き戦いに遂に打たれたピリオド。
これで彼らの戦いは終わったのか?いえいえあと少しだけ続くんです。
ここまで来たんだから8人全員の冒険ぶりなどを総集編でお届け!
それを以ってBH体験記は全て終了とさせていただきたいと思います。

熱き魂が唸りを上げる戦いは終わった。

8人全員の想いはそれぞれだが全員考えた結果は同じだった。

大切な人の為に、大切な大地を守ると!

次回、総集編を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(BH)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop