風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エスポリ) »エスト体験記第壱拾四回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エスト体験記第壱拾四回  

エストポリス体験記第壱拾四回です。


ちょいと勢いをつけてクリア目指すエストポリス!なんだかんだでⅡの収録数壱拾六回
近づいてきました。終盤なのはわかるけどどこがゴールなのかはわからないので
もしかしたら超えたりして。…なんか複雑だなそれは。

前回のあらすじ:脳裏をよぎった悪夢が正夢

まさかいなくなった教授の息子が海賊にさらわれたんじゃと思っていたら
本当にそうなってるんだから困るね!しかも教授は単独で行ってしまいました。
ということで海賊がいるアイセン島へ向かうことに。


前回ウォッカだけ失敬したので場所はわかっているのですぐに向かうと
一隻の船がありました。前は無かったので間違い無く教授のだろうな。
今度は攻略してやるぞ、と進むと張り紙が。そこに書いてあったのは
扉の前に4つスイッチがあり、それを踏んでから扉の前のスイッチを踏めと。
ただし順番を間違えると警報が鳴るとも書いてあり、なんと親切な海賊どもだ
思いながらもその扉やスイッチが見当たらないのでまずは見てみないとわかりません。

ガンガン上に上っていくと牢屋に捕らえられた教授発見。
なんだ、全体攻撃魔法で爆破できるんじゃないのか?
どうやら教授は先ほどの張り紙にあったスイッチで失敗したらしく、
牢屋のカギを親分が持ってるので倒して欲しいと頼まれました。
また、一番最初が左上ということはわかったようなのでメモしておく。

あと隣の牢屋にも宝箱があるのでしっかりチェックしておく。

なんだか怪しい行き止まりがあると進めばいきなり穴に落ちて宝箱の部屋に行ったり
モンスターに連続でスクレイ(睡眠)をかけられ数ターン動けなくなったり
よくあるグダグダ進行の後ようやくスイッチと扉の前に。
一番最初が左上。つまり残る3つの押し方は1×3×2×1で6種。計算方法については数学参照。
ということでまず左上を押し、次に押すのを右上仮定してこう、こう!と押し
扉前のスイッチを踏むと見事に警報が鳴りました。すると通路を通ってやって来る海賊達。
ボス曲なので強いのかと思いきや強いというより厄介な奴らでした(汗)
魔法ではなく混乱だの眠りだのステータス異常を狙ってきて、更に自分達には
ウォッカだのお酒で攻撃力を上げる厄介ぶり。しかもこちらのステータス異常魔法は
あまり効かないので結果攻撃力を上げるか防御力を下げるかして物理攻撃。

しかもこれ、失敗する度にやるんだぜ。

しかもこの後ことごとく予測が外れて最後でクリアできたんだぜ。

運が無いのか、勘がすこぶる鈍かったのか、どっちかなぁ…(遠い目)
結局5連続失敗の末の成功だったので結果計20人の海賊が斬り捨てられました(笑)

さぁて、ここがラストだろ!と扉を開ければ教授の息子ルーの姿が。
しかし傍には海賊の親分が。弟子と共にまたまたボス戦に。
弟子は早めに倒せたのですが親分の全体攻撃が強いのなんの…!
後衛2人の攻撃魔法もかなり強力なんですが回復優先にして勝利。
参ったと言わせることもなくいなくなった海賊2人。…葬ったか。
すぐルーに声をかけ、ライール教授が助けに来てたと言うと複雑そうな反応を見せました。
主人公達の年齢がいまいち掴めないのでこいつらより若いとは思ってたけど
なんだかんだで反抗期迎えたぐらいの歳なんだろうかな。

牢屋へ向かい、まずは隣の宝箱を開けてそれから教授を救出。
感動の再会…かと思えばルーを息子と認知するのにちょっと時間がかかった教授に
それによってヘソを曲げるルー。この親父も親父だわ。
とりあえずアルミナが揃ったことを伝え、船の修理を頼むと二人は先に研究所へ。
そして研究所といえばあの謎の引っかかりを怪しんでヘラートで回復&セーブ(笑)
そろそろ来るんじゃないかと思いましたが今回も何も起こらず。…あれ?
早速修理をお願いするとたった六回の金属音にて修理完了。

これのために体験記が
何回消耗されたと思ってるんだ。


でもこれでようやく海底を進めるようになり、最終目的地である沈んだ虚空島に行けるように。
海に浮かぶリング状の渦に入れば海底に行けるとか。
まずは海底洞窟を抜けるための島に行く必要があるらしいけどそれがある方角は

北北東。

お願い、8方向までにして。

地図が無いから迷うんだよ!迂闊にうろつけないんだよ!(血涙)
Ⅱは説明書があったからなぁ…地図があればもしかしたら何かある島とか
見つけられるかもしれないのに。せめてクリアする前に情報集めておこうかな。

とりあえず一度で見つかればいいけど、と北北東(のつもり)に進みましたが
やっぱり見つからず一旦研究所に戻る。つかエンカウントがなかなか邪魔です。
ということで聖水を使う。これで出ないんだろ?安心して探索に…(エンカウント)

ヴァー!!

あんれー!?こいつらを軽々と退けられるほどオレ達強くないですってか!
ちくしょうせめて少しだけでもエンカウント率を下げてくれよ…(涙)


この後どうにか根性でリングと島を発見。町があることも聞いていたので
島の北側にあるソシエテに到着。ここが最後の町になるのかな?
虚空島が沈んでできた島なので気味悪がって人が住まない、という話の通り
あまり人が多くないですがこういう町に限って売ってる武具が充実してるんだから面白い。
でも町の中にある洞窟に入ってタンスを調べたらデスアローわら人形が出てきてビビった(笑)

この島の回りになんだかんだで渦が計3つ。どこから沈んでもフロア的には同じですが
海底洞窟3つも。どれが正解なのかなと思いながら辺りを探索していると敵。

そこで突然敵から太古の鎧を入手。

太古の鎧だって!?こいつぁめっけもんじゃないか!の性能が凄いんだから
鎧も凄いはず、と装備してみれば素晴らしい防御力。落としてもらえるんならもう1つ…
と思ったら今度はグランドソードを入手。こちらもソシエテで買った剣より高性能
これも欲しいな、とLV上げを兼ねて海底をうろつきまくることにしました。
収録内容的には洞窟に行くべきなんだろうけどたまにはこういうのも必要だべ!
ということでかれこれ30分以上戦いましたがグランドソードこそ手に入りましたが
太古の鎧は未だもらえず。これ、レアらしいです…お、おう奇跡だなもらえたのは(汗)
おかげさまで主人公のLVも47になり魔法もほぼ覚えた感じ。
そろそろラストを迎えられそうです。


いよいよ伝説の舞台、虚空島へ。

そこで主人公を待ち受けているのはデュアルブレードか、

それとも蘇った四狂神か…

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(エスポリ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。