風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ダンザルブ) »ダンザルブ体験記第壱回

ダンザルブ体験記第壱回  

龍騎兵団ダンザルブ体験記第壱回です。


2008年の秋を戦うのはこのRPG、龍騎兵団ダンザルブ!!
ええと、制作会社的に説明すると
ONI+グレンラガン+円卓の騎士(SDガンダム外伝)です。
…益々わかりにくいか(笑)攻略本が今回あるので世界観がそれなりにわかりますが
正直ガンダム系列に近いものがあるようです。メカに乗り込んだりとかな!
だけどここはメカ萌え(白状した)な自分にはたまりません。あと戦闘BGMもカッコイイ。
というわけでちょいSFチックなRPG、龍騎兵団ダンザルブいざスタート!

主人公はアメリカ出身のマシュー・ロビン兵士訓練所にいる19歳の少年。
戦争が起こっている物騒な世界なので若者の彼も兵士になるため訓練を受けている…
かと思いきやいきなりゲーム開始画面は教室の中。しかも休み時間なのか
適当におしゃべりをしているクラスメイト。

何より主人公が最初どこにいるのかわからなかった。

すげぇ、背景に溶け込んでいたこいつすげぇ(笑)つか普通画面の中央にプレイヤーって
立たないかい?微妙に左下の位置にこいつはいました(笑)
メニュー画面も開けないので適当にクラスメイトに声をかけるとダンザルブというチームに
憧れているとの声が。タイトルのそれはまさに騎兵団の名前ってことか。
全員に声をかけると教官が来たので慌てて自分の席に座る訓練生ら。

ここだけだととんでもないほのぼのした教室に思える不思議。

いきなりマシューを名指しし校長室に来いと言われたので教官についていき校長室へ。
その間マシューから自身の話をされます。父と兄はスーパーモノロイドを開発していて
自分も家族を守るために訓練学校に入ったというマシュー。そのために寮で一人暮らしとは。

でも一人前の兵士になって家に帰ってきたら母さんお得意のストロベリーパイ
腹いっぱい食べるってのはちょっと恥ずかしいから後でそこ訂正しておけよ。

そんな説明が済んだところで校長室の前へ。中に入ると校長からとんでもない報せが。
スーパーモノロイドの技術がダマイア軍(敵勢力らしい)に狙われ、
その中で父と兄が命を落としてしまったこと、更に母と妹がさらわれたこと
だけどスーパーモノロイドの技術だけはどうにか奪われずに済んだこと。
いきなり天涯孤独(未遂)な展開ですが気を強く持とうとしているのか
父と兄は軍のために命を落とせたのなら本望だと思っている、と一言。
顔グラフィック的に気弱な感じに見えましたが気丈な面もあるみたいです。
ここで父親の遺言が残されており、マシューに龍騎兵団ダンザルブの一員となり
自分達が開発したスーパーモノロイドを使って欲しいということでしたが
マシューは返事をすることができず、すぐに部屋に戻ると堪えきれず泣き続けました。
なんだかのっけから辛い展開だけどこれが戦争ってやつなんだねスレッガーさん(?)


翌朝、校長からダンザルブに入るかどうかを聞かれ「はい」「いいえ」の2択。
ここで「いいえ」を選ぶともうどうでもいいんだ、と
マシューの投げやり(家族を失ってそれどころじゃねぇ的)な言葉を見ることができますが
「プロジェクト シッパイ!」という謎のメッセージと共にゲームオーバー(笑)
たぶんマシューが戦いに身を投じなかったので未来は…みたいなことかな。
しかもここで終わると最初からとかそんなひどい(笑)まだセーブできる状況じゃないのに!
ということでA連打で最初から。ちなみにこのゲーム、メッセージスピードが妙で
Aを押しっぱにすると一気にメッセージが流れてしまうので少しずつ押さないと
何を言ったのか理解できないまま進んでしまいます(笑)
とりあえず先ほどのところまで進めて今度はきちんと「はい」を選択。
これでマシューはダンザルブに入団する決意を固めました。
しかしエリート集団の中に訓練生が入るとかコネくさいのう(笑)


早速ダンザルブがいる部屋に案内されるとそこには何人かの人がいました。
とりあえずマシューが挨拶をしますが皆シカト(笑)仕方が無いので
もう一度同じ事を繰り返そうとするとうるさい、何度も同じ事を喚くな、と怒られる。
来たか、新人いびりタイム。
随分とエリート意識の高い連中だなと思いますが一応自己紹介はしてくれました。

「仲良くやっていこうじゃないか」と友好的に話してくれたアーサーさん似のパーカー

「名前以外言うことは無い」とぶった斬る武蔵小次郎(え、どっちも?)。

「一度でもミスしたら出ていってもらう」と釘を刺すディック(あだ名:イギリス君)。

「ケガをしたら面倒を見るけど早く手のかからない人になってね」と微妙に毒付くジャニス姉さん

「強くなれば新しい武器の開発ができるから覚えとけ」スタッフの回し者的台詞なキム

オレ、パーカーさん以外と仲良くなれる自信がありません。
なんだこいつら!酷く個性的な奴らばかりだなぁ…しかもこの6人がダンザルブの面子。
つまり憧れの騎団ってのはこんなアクの強い6人組だったというわけで(笑)
そんな事実に驚いているマシューでしたが、そこへ丁度緊急連絡が。
補給基地がダマイア軍によって襲われたらしく敵を撃退せよとのこと。
それを聞くなり新人を置いてさっさと部屋を出て行くダンザルブの先輩方。
オレ、やっぱり皆さんと仲良くなれる自信がありません。

Mission1.「初めての任務」

6人+慌ててついて行ったマシューが乗り込んだのはアースシェイカーという
ダンザルブ専用の巨大空母。言うなればホワイトベースなのかな。
これで基地まで移動し、戦闘メンバーを選択して行けとのこと。出撃できるのは5人
だけど実際は7人いるので参加できないのもいるのか…とりあえず攻略本によると
キムとジャニスはしっかり育てろということなので女性陣を連れつつパーカーさんと
あとは小次郎で出撃。基地に着いてようやくメニュー画面が開けたけど何分かかっただろう。

まずセーブをし、コンフィングがあったので見てみるとメッセージスピード歩行速度の変更、
言語の変更まであってビックリ。おいおいアルファベットというか英語かこれ!?
無駄に国際的な機能積んでいやがる、と思いながらも歩行速度を「はやい」に。
何せ普通の速度の時点でそれなりに速い(エストのダンジョン内より早い)ので
更に速くなると一体どうなって……うおおおおおメッチャ速い!!(笑)

速すぎて写メしたら残像ができているじゃないか!!!!

今までのゲームの歩行速度でかなり速いと思っていたのがFF5のシーフダッシュ
LALのおぼろ丸のダッシュ。こいつらはそれを凌駕した!!!

だけど速すぎてコントロールできないのですぐに戻しました(笑)

気を取り直して基地の中に入るとまだ基地の人たちは無事のようでした。
あちこちにシャッターで閉められた部屋があり、そこに入るにはカードが必要みたいで
基地内にいる人達に声をかけるとカードをもらえたのでシャッターを開けつつ
色々動き回るとうおおおお来たぞ初・戦闘初陣全滅だけは避けたい(笑)
戦い方はエストと同じく順番が来た人からコマンド入力、更に攻撃するためには
BPが必要みたいで、小次郎のはいらないみたいですが銃はそれが消費されます。
そこら辺はラグランジュみたいなものかな。あと敵のHPもわかるのが親切。
ただむやみにA連打してると敵の攻撃とこちらの攻撃が入り乱れてかなりカオス(笑)
とりあえず勝利するも経験値とエネルギー(お金にあたる?)がいくら入ったのか
全くわからないまま終了。ちょ、メッセージスピード「はやい」じゃ確認できない(笑)

こんな感じで戦闘をこなしつつ進めるとカードが全部揃ったら頭のいい人に見せるといい
いうヒントを得ました。頭のいい人…キムという少女が実はIQ200
弱冠9歳にして武器開発の技術を得ているのだから恐ろしいものです。
それにしてもカード多くないか?(汗)もう5,6枚あるんですけど…

そのまま進めると倒れている人が。そういえばここまで怪我人がいないのが奇跡なぐらいだ。
しかしこの男性は助けられないみたいで、娘に渡すつもりだった人形をどこかに失くしてしまったのが
心残りだ、と言いカードを渡すとそのまま息を引き取りました。
人形か。あとで娘に渡すイベントでもあるのだろうか。

…とここでカードが全部揃ったのかいきなり死人の前でパズル状になっている
カードを並び替えるミニゲームのようなものが発動。

8枚あるカードを十字キーで動かすパズルゲーム、どこかでやったことが…と思ったら
初代FFのミニゲームでした。あれは16マスぐらいあったかな。
しかしあれをやったのももう数年前(※リアルタイムではできませんでした)、コツすら
思い出せずグリグリとやること数分後上手い事それっぽい形になり完全体へ。

これで先に進めるようになり、先ほど男性が話していた人形(木彫りなのか)を発見。
他に開くシャッターを探すついでにほら拾ってきたぞ、と声をかけると
メンバーが黙祷を捧げ、それにより50ポイントゲット
このポイントはエネルギーとはまた別のものらしく、これを使ってアイテム交換等も
できるらしいのでこういうミニイベントはこまめにこなしていけってことかな。

また、このポイントは敵が落とす宝箱でももらうことができます。
ただしこのゲームのドロップアイテムは何故か2択になっており、正しいボタンを押せば
中身を回収できるんですが失敗すると爆発してしまい取れなくなってしまうとか。
ということでたまに爆発させつつ成功させたりもしてこっそり10P獲得。


マシューのLVも3になったところでそろそろボスを倒したいなとまだ行ってないルートを
進んでいけば謎の赤い人物を発見。基地の破壊を目論んでいたボスの様子。
んでボス曲!!カッコイイなぁ~。この曲もなかなかカッコ良くて好きです。
だけどそんな熱い曲とは裏腹に

特に必殺技が無いため常に通常攻撃だけで
弾丸がボスの股間に命中しまくるボス戦になりました(笑)

ボスの立ち位置が問題だ!皆して股間狙ってるようにしか見えないよ!!!(笑)
勝利してボスが消えるかと思いきや塗装…じゃないけど何か剥けて灰色になったボスが
立ったまま機能を停止したみたいで、とりあえず奥にあるエネルギータンクの死守に成功。
あとは入り口に停めてあるアースシェイカーに戻れというので引き返しますが
乗る前にもう少し探索するか?とサルベリ隊長に聞かれたので即行「はい」(笑)
今度は隊長ディックも入れてみました。お、ディックのBP0なのか。
とりあえずLV上げもできるみたいだし、マシューのLVが先輩方より低いので
少し稼いでおこう、ときちんとミッション1をクリアしていないのにLV上げだけで
今回のプレイは終わってしまいましたとさ(笑)


父と兄の敵討ち、そして母と妹の救出の為に戦いに挑むマシュー!

しかしまずは先輩方からのいびりに慣れてからだ!

次回を待て!!

←前の体験記へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ダンザルブ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop